揺れる夏服 – シド

見慣れたはずの横顔と できたての青空
どうして 騒ぐ胸 夏は止まらない

物心ついた頃からだから 当たり前のように見てた
泣いた顔 笑った顔も いつもそこにあった

あいつとの恋で 変わっちゃったの
いつからそんな風に 透き通ったの

乾いた喉に 流し込むその仕草
知らない君 あといくつある?
ふいに見上げた 困り顔の破壊力
BPMは急上昇中

キラリと揺れる夏服と 水を跳ねた素足
一人の夜はまた 君が止まらない
今さら感が邪魔をして 臆病をこじらせて
近くて遠い距離 まだ踏み込めない

何気なく撮った 二人の写真を さり気なく送ってもらおう
「さり気なく」言ってる時点で 意識しちゃってる

積み上げた全部 壊しちゃいそうで
もう二度とあんな仲に 戻れないとか

上手くいかない方ばかりがよぎって
蝉の声に かき消されてく

キラリと揺れる想い 水を跳ねた素足
一人の夜はまた 君が止まらない
今さら感が邪魔をして 臆病をこじらせて
近くて遠い距離 まだ踏み込めない

見慣れたはずの横顔と できたての青空
どうして 騒ぐ胸 恋は止まらない

コメントを残す