風に震えるオレンジ色の枯葉の舞いちる停車場で君と出逢った九月の午後男と女のめぐり逢い君の話す身の上話しがいつか涙でとぎれてしまう命を賭けた恋に破れて心は傷ついて人を信じる事ができないそんな女だった月日は流れて季節は変わりいつしか二人は愛し合う今日は君の誕生日ワインを飲んで祝おうね20歳になって大人になって出直すんだね過去など忘れ手首の傷は消えないけれど心の痛みは僕がいやしてあげる優しさで君のためな