咲く – シクラメン

穏やかな風に吹かれ
そっと揺れるキンモクセイ
ひとり 静かに佇んで
ぼんやり見つめてた

言葉にならない感情を
抑え込んでいた想いを
自分に嘘をつくくらいなら
我慢なんてしたくない

散々泣いて乗り越えた
悔し涙 サヨナラ
今まで流した涙は雨となり
乾いた大地に降り注ぐ
新たな一歩を踏み出すために

すべてを失っても
希望さえあればいい
何度だって 立ち上がって
想いの種を育てよう
花が咲くその日まで

道端に健気に咲いた
名も知らない一輪の花
来る日も雨に打たれながら
真っ直ぐ咲いていた

なぜ花は美しいのか?
迷わずに咲いているから
逆境という名の試練は
成長へと続く

アスファルトの上だろうと
負けずに咲くその花は
文句も言わずしたたかに根を張って
今か今かと時を待って
一度も諦めたりはしない

すべてを失っても
希望さえあればいい
想いが蕾となって
溢れ出す いつの日か

鮮やかな花となれ
見惚れるほど美しく
いつまでも枯れないように
想いの種を育てよう
花が咲くその日まで

穏やかな風に吹かれ
そっと揺れるキンモクセイ
ひとり 静かに佇んで
真っ直ぐ見つめてた

一歩 踏み出す勇気を
何も言わずに運んで
「もう大丈夫だよ」って
小さくうなずいた