君の行く道は はてしなく遠いだのに なぜ歯をくいしばり君は行くのか そんなにしてまで君のあの人は 今はもういないだのに なぜなにを探して君は行くのか あてもないのに君の行く道は 希望へとつづく空に また陽が昇るとき若者はまた 歩きはじめる空に また陽が昇るとき若者はまた 歩きはじめる
夜空の星に祈りをささぐその娘のやさしい 瞳の中に喜びの涙があふれていた生まれて初めて知った恋を求めて離さずここまで来た遠くつらかった二人の道よここは僕らのパラダイス愛し合う二人のいこいの園涙をふいて笑顔を見せて明日の明るい日ざしをあびよう若い二人の ゆくてには今日にもまさる喜びがある