赤い月明り今 しとねのように佇む愛を欲しがる仕草 君はその手を伸ばす人はいつもないものねだり砂に描くように ココが消えてゆくよトワになんて ヲカシな想いを断ち切ってこの手を離すから枯れたはずの涙は魅せられて頬に媚をうるトワなんてどこにもなかったから今なら言えるだろう恋の終わり 口づけを「ジュテーム」あなたに触れるたびに 苦しくなるのは性(さが)あなたにだけは傷を… 傷を見せられなかった風は僕を二度
息を呑み込むほどに焦れば それはWait×3 Tonight何も見えないくらい夢中で それもStay×3 TonightYesもNoも通り過ぎないで もっとBet×3 Tonight凍りついた時間を破れば やっとCall×3 Tonight何を賭ける? どんな夜もギリギリのSpicy Sweet Gamble裸のまま 戻れない それなら 願いはひとつだろTu tu tu... 全てを捧げる Ah 
すれ違いは結局運命で 全ては筋書き通りだって悲しみを紛らわせるほど 僕は強くないから弾き出した答えの全てが 一つ二つ犠牲を伴ってまた一歩踏み出す勇気を奪い取ってゆくいつか君に捧げた歌 今じゃ哀しいだけの愛の歌風に吹かれ飛んでゆけ 僕らが出会えたあの夏の日まで巡り会いも結局運命で 全ては筋書き通りだって都合良く考えられたら 寂しくはないのかな弾き出した答えの全てが 一つ二つ矛盾を伴って向こう側へと続
ある静かな夜更け、音もなく幕は上がったそれは夢まぼろし 悲劇的恋の宴‥運命の出会いのシーン 紅潮と胸のビートあっと言う間のFall in loveもうどうしようもない 直感する“Prince”愛という名のFalling down浅き夢を見た その刹那にたぎる 血の巡り愛‥憂‥もう消えない、消えない‥踊れPrincess, Princess 手のひらでその小さなハートに 悪魔の囁きBlowin, Blowin
1人きりで生きてきたような顔して本当はずっと助けられてきたんだろう大事なモノに本音を隠し足宛いていた(live day to day)I find a way 言葉以上の日々をI find my way 気づかせてくれた僕が出逢えた数々の愛の灯火を守り続けるよBelieve its true that “Life
あの日僕が握りしめてた夢 今はここにあって一人になって どこにいたって 想ってる君に胸を突き刺す痛みさえも「忘れたくないよ」と伝えないのはせめての気持ち馬力を最大にキープ ここからは いやきっと一人で行けるとまだまだファイト 失ったことも糧になって生きて行けると 言い聞かせるすべて投げ出し今すぐに君をこの手にただ抱き寄せたいよと願う声も離れてく距離に届かない君の匂いタダ風に揺れて消えてく 夢の代償
醒めたふりして君は言う愛や恋に興味はないからと僕の前で強がり続けても回り続け巡らせて言葉になる頃には心とは反対になって偽物になる口ずさんだ甘いメロディー君の心僕が照らしてあげるよ淡く濡れた君の 唇の行く先隠れた愛言葉一つずつ 君に囁きつづけよう僕の前じゃ君は 心まで裸さどんなに強がっても意味がないきっと抜け出せない僕のテリトリー絡み合う恋の罠にかすめとられるのは君のハート僕の声で君を虜にする強く強
濡れた手が震えてる 感覚が遠のく消えかけの蝋燭に吐息を吹きかけて闇の中 溶け込むように二人の輪郭が混ざり合う純粋(ピュア)な言葉では愛せない僕の心で揺らめく炎触れた指先 焦がすような融解点を越えて確かな温度で君を包みたい夜が明けるその前に君のすべて奪って燃え上がり灰になる 欠片さえ残さず唇に指をあてて真実も嘘も聞きたくないどんな強い風が吹いても僕の心で揺らめく炎冷めた感情(おもい)を焼きつくして蜃
暁は雪解けと 刻んだ過去を消した黄昏に舞いながら 剣閃は響き意味はなく 理由(わけ)もなく ただ傍にいた様で何度目の雪なのか それすら忘れてもう当たり前に 預けた背中愛しさにも似ていた時間(とき)の果て紅の中 夢をみている雪原をただ焼き尽くすまでこの思い出が嘘でないなら願いを込めて白詰草よ今咲き誇れ虚ろな夢を紅蓮に染めて君の声と落ちた雫淡く消えてた凍てついた感情は日々を重ねる毎(ごと)に足跡を辿る
共に過ごしていく時間 今こうして笑える時間想いは優しさになり 伝わっていくohあの頃まだ何も知らず 孤独な戦いの中できっと同じ季節(トキ)を過ごし分かり合えたね二人で見上げる空は 七色の虹の架かるSky降り注いだ光の絵は愛を描くWith Your Color君の色と僕の色を(重ね合わせるColor)遥か遠い道の先まで 届けよう君が笑うそれだけでGood 鼻歌のように(oh oh oh)風を切って君
大胆不敵にハイカラ革命磊々落々(らいらいらくらく)反戦国家日の丸印の二輪車転がし悪霊退散 ICBM環状線を走り抜けて 東奔西走なんのその少年少女戦国無双 浮世の随(まにま)に千本桜 夜ニ紛レ 君ノ声モ届カナイヨ此処は宴 鋼の檻 その断頭台で見下ろして三千世界 常世之闇(とこよのやみ) 嘆ク唄モ聞コエナイヨ青藍(せいらん)の空 遥か彼方 その光線銃で打ち抜いて百戦錬磨の見た目は将校いったりきたりの花
舞い踊れBabe (HEY!)さあ今 手を鳴らせおいで (HEY!)さあこの手を掴め (Go!Go!)運命の輪をくぐり抜けいざ夢の狭間へ (OHHHH!)Yes,We are THE HOOPERS!Yo,Yo,Yo,欲しがってるハートに火をつけよう (Fire!)そう“クール”で“スウィート”でオマケに“キュート”俺らの名を叫べ! (HOOPERS!)Love & Dream & Dramaそう
「愛は罪さ…」JEALOUSY×SUNSET...メラメラ燃えてるんだ燃え尽きたくないんだ(Want your love…)キミだけ愛してんだ永遠信じてんだオレンジの風の中でまるで夏をじらすような天使太陽だって傾いて白いワンピースを染めてゆくどうなってンだ?らしくないなこの愛失うのがコワいって?どうでもいいコトばっかがシャウトしている愛に常識なんかない自由に生きたい並んだ長い影熱でとけてひとつの影
おいで Honey,My Honey こちらまで赤いカーテンの影揺れる方にだって舞えや踊れやの宴の輪にゃ興味がないんじゃない?(パッパー)My Honey, You are a Bunny.You are a marionette.迷い込んだが最後さおっと 秘密の園を踏む覚悟ならどうぞ気の済むまでもっと Drive you crazy,follow
無神経な程に青空 真昼に光った月がジワリと滲んでは こすった目で かけがえのない愛ちゃんと見つめてたありがとうも ごめんも言えず 自己矛盾に苛まれては泣いたり笑ったり 繰り返して 孤独のゆりかごで 揺られていた君と誓い合った約束はそっと2人の孤独を 包み込んで溶かしていった限りある命と命が交わる世界(ばしょ)そこで僕ら笑っていたんだ君の眼が言葉がいつでも蘇るよずっと聞こえてるあの詩は永遠だって信じ
今日みたいに晴れた日は 君がいれば快晴になる昨日みたいに雨降りは 君が虹をかけるいつか足元が真っ暗で 一歩出せない時がきたら僕の右足と君の左足きゅっと結んでそこから始めよう君が選んでくれた今日の日に 僕がいられることがうれしいんだってもう何回も何回でも…何十回何百回でも…言葉にしたくなる僕が選んでこれたこの日が 君にとって特別なんてさ奇跡じゃなくて なんだろなって差し出した手つないで…失くしたもの
抱いてCRY CRY 愛の機関銃が恋を知らない肌に刺さって行くさあ 燃えて燃えて夢中んなって愛してよ (BANG!)あぁ、夜風が泣いているそのSOSを背にアクセルカーライトは超特急ただ街を滑り降りた終電 少女の境界線目と目で問う 君はすでに待ってる無言のKISSで返事して“Are you ready?”GO, Merry-go-round.ベイビー 純情放り出しちゃって恋愛ショートカットしてこのま
髪をかける その仕草 どんな夢でも叶う気がしてた少年のような目をして 鏡に映る顔見つめてたI love U なんて声に出しては消える本音なんてわからなくなるセツナゴコロ 揺れて儚く 情熱は枯葉のように風向きを知るはずもなく まるで僕をあざ笑うゆらり ユラリ ユララ 燃えゆきこの胸を加速してゆく雨音が響く廊下で 君の香りが全てを包んでゆく戸惑い隠す瞬間に 何度視線が交差したのだろうガラス越しに映し出
自らの手で「NEW WORLD」永い永い永遠に終わらないGAME咽び泣くは 自分の運命(さだめ)固い固い絆 背負って 旅は続く重ねた過去 告げるは別れ果てしない空と 小さな手勇者は愛を知って 強くなる今 不確かな未来 信じて 現実と夢幻 飛び越えて軋む願い 交わした約束生きろ 電脳世界 走って 限界を無限に 変えて奇跡なら起こせる自らの手で「NEW WORLD」暗い暗い 夜を越えて続いていくレース
不安除くyour voice甘くとろけたノイズ脳内暗示 like a sweet candy偉大な愛の暴動計画なき犯行生命の猛威 gimme your candy二人きりだけの世界what do you wanna do?重なるliveキミの息 侵されwe cam
アイツは恋した 心みだす恋夏の太陽逃れて 絡み合った出逢いと別れを やりすごしながらやがて運命と言う 罠にはまった思考停止のロマンスにさぁ落ちようドラム・ベースに本音を合わせろ恋はタテノリ夏はGO!GO!ダンスが止まらナイ耳にささやけ「お前をはなさナイ」今をもっと生きよう明日なんかはいい GO!パラダイス夏の太陽なんかはメじゃないキスはチューチュー甘くてキリがない隙間を埋めるように灼熱にとけた 恋
“最初から君を好きでいられて良かった”なんて空に歌うんだ詰め込んだ夢を打ち上げる場所探し求めてこの街から出た震える着信電源を切った燃え出す導火線誰も止められない世界の終わりが今訪れたとしたら全部ほっぽってふたり永遠に一緒なのにねLike a Fire Flower僕が消えちゃわないように火の粉散らせ夢打ち上がれ“最初から君を好きにならなきゃ良かった”なんて嘘までついて慣れない景色不自然な笑顔華やか
大事なことほど 空回りしてる乾いた毎日 そんなことばかりさ振り回されてるメールを着信行く宛のない現実ハートを磨いて 輝きたいのにその場限りのあんなことばかりさ心苦しくて求めたオアシスそこに君が立ってた奇跡と呼ぶには ありふれたようなことさ君が笑うと 世界中がきらめき出すよ君がくれたその笑顔をちりばめたダイアモンド初めて好きだって言った甘いダイアリー誓い合った夜に描いた夢の続き話そうよ僕らのときめく
雨のせいさ 涙じゃない!雨の雫だから…二人が出逢った日も たしか雨だったね濡れた髪に心揺れた 雨宿りのカフェあの時僕はもう 恋に落ちてた運命的な出逢いだって 信じてたんだまるで互いの孤独 埋め合うように急ぎ過ぎた恋だったから些細なことから すれ違い壊れた二人どしゃ降りの涙君を追いかけて 雨の中 飛び出したびしょ濡れになることも構わずに二度と逢えないと分かってたらもっと強く抱きしめて 離れないように
さっきまでの雨は上がって 肩に残る君の香りが流れる雲に乗って 街中を包み込んだ服装も趣味も真逆だけど いつも同じ笑顔で迎えてくれる僕は気取ったフリで照れ隠ししていたよ星の数程いる人の中で僕は君に出逢い 初めて恋をしたこの手は離さないよ 離さないよ 離れないよ心は側にいるよ 側にいるよ La la la la.. Last foreverいつでも 覚えてるよ その瞳も その言葉も 会いたい君に会いた
Hey Mr. Music 強く抱いてHey Mr.Music...この頃じゃ少しだけ心が拗ねている熱い思いを閉じ込めて進めなくなってるあの頃は良かったと振り返ってばかりで今日の喜びを探すこと忘れてしまってるなんとなく日々を重ねればほらちょっとずつ薄れてゆく本能世知辛い 要らない 足りないそんな僕じゃつまらないHey Mr.Music 強く抱いてHey Mr.Music 踊らせてよ君がくれた温もり
愛しい恋しいこの瞬間をわすれないでいたいから二度と来ないこの瞬間をふたりで刻みたいから…いつかなんて言わないふたりには今日しかない今感じてるトコを君に触れてて欲しいコトバにできない思いがひとつ残らず伝わるように「キスをしよう…。」イトシコイシ君恋シひとりになりたくないふたりでいることでしか愛を実感できない愛しい恋しい君のせいかけがえない君のせいもしも生まれ変わっても君のきっとそばにいるちいさい胸に
果てしない旅の途中 僕らを待つ新世界出会いと別れを経て 次なる海へ船は進むコンパスはいつだって 希望の方角(ほう)を指してるんだだけど トラブルに必ずぶつかって起死回生で舵切って 勝利の歌こだましてまた響き合う笑い声不完全過ぎる僕らの 笑えるほどでかい夢がいつもこの胸を打つんだ未完成な地図広げて 自由をそこに書き足せば誰も届かない理想に余裕で手が届くストーリーどこまでも続く青 鳥達は空の旅漲る期待
待ち合わせは2時間前で此処に独り それが答えでしょ街ゆく人 流れる雲僕のことを嘲笑ってたそれは簡単で とても困難で認めることで前に進めるのに信じられなくて 信じたくなくて君の中できっと僕は道化師なんでしょ回って 回って 回り疲れて息が 息が切れたのそう これが悲しい僕の末路だ君に辿り着けないままで僕を乗せて地球は回る何も知らない顔して回る1秒だけ呼吸を止めて何も言えず立ちすくむ僕それは偶然で そし