(セリフ)それは去年の秋でした一人の少年が町で会った女の子に恋をしました少年は胸をときめかせながら・・・・そしてついにいったのです。「好きです」きのうケメ子に会いました星のきれいな夜でしたケメ子と別れたそのあとで小さい声でいいました好き好き僕はケメ子が好きなんだ僕はケメ子が好きなのにケメ子はなんにもわからない僕の気持をお星さまケメ子に伝えて下さいな好き好き僕はケメ子が好きなんだ僕はケメ子の夢を見た