仮病 – ザ・コインロッカーズ

つまらない ああ 朝礼 はあ
それでも ああ 並ばなきゃいけない
学校はそういうものと みんな諦めてるのに
君だけ ああ 列から離れて
逃げるのか

貧血のフリしながら保健室へ
協調性って言葉は君の辞書にはないよね
全員が敵になってもたぶんきっと変わらないだろう
他人(ひと)の気持ち 理解するなんてありえない

できるなら
大人になってもずっと仮病使って生きてくつもり
本当のことなんか言ったところで面倒になるだけ
自分を欺くくらいならまわりの人を騙せばいい
そうして誰かを傷つけるわけでもないし

いつの日か狼少年みたいになってしまったとしても
やりたくないことはやりたくない

教室の ああ 窓辺から はあ
シャボン玉 ああ 空に飛ばしてる
一人きり

自由はいつも孤独と引き換えだと
君を見てて羨ましくなんてなれない
いい加減にもっとやってりゃ そんな意地なんか張らず済むのに…
誰かが自分の代わりに傷ついてくれればいい

人生で
苦しくなったら そこで 無理をしないで仮病を使え!
心が本当の病気になってしまうその前に…

真実を見破られてもそう君は君らしく見える
偽りたくないのは他のことだ

知らず知らず君のことを 僕は好きになってたんだ
自分勝手のように誤解されても
そんな強くないのに 自分 貫いているよ

できるなら
大人になってもずっと仮病使って生きていきたい
本当のことなんか言ったところで…
wow

青春は
甘くてほろ苦くて やがて切ない記憶に変わってくもの
今でも君なら 仮病使ってるかもしれない

みんなから狼少年だって後ろ指差されても
すべてが嘘じゃないって自分がわかっていればいい
そう君から僕は学んだんだ