コインロッカーの中身 – ザ・コインロッカーズ

舐められてたまるかって
ずっと尖(とが)って生きて来た
頭悪い俺たちさ
一歩も引かずにただ突っ張って
いつだって損ばかり

魂忘れて 媚びるよりも自分の筋
通したい
愚かな奴だと笑われたって
振り上げた拳は下ろせない
好きにさせてくれ

学校卒業したら
もっと自由になれるけど
非常階段に屯(たむろ)してサボる時間はどうする?
もうこんな俺たちに
説教してくれる教師もいないなんて

コインロッカーに入れっぱなしの
青春のガラクタは
ずっと捨てられないぜ
大人になれば要らないもの
蓋(ふた)してしまいたい
それでも大事なもの
ウオウ イエー
ウオウ イエー

社会に出たって
絶対に変わるものかと誓い合った
校舎の裏のあの約束は
現実を知らない理想だと
言い訳したくない

真夜中 門を乗り越え 教室に忍び込んで
自分の机に腰掛けて何を探せばいいんだ?
あの頃の俺たちは
もうここにはいない どこへ行ってしまった?

コインロッカーにあったはずの
喜びや悲しみは
いつしかなくなってた
振り返ってもしょうがないよ
腐ってしまうんだ
過去にしがみつくな

本気で生きてみなきゃ
何も始まらないんだ
全力で突っ張ってた懐かしい
あの日のように
さあもう一度くらい
譲れない何かにマジになってみようか?

コインロッカーに入れっぱなしの
青春のガラクタは
ずっと捨てられないぜ
大人になれば要らないもの
蓋(ふた)してしまいたい
それでも大事なもの
今も勝負したい
ウオウ イエー
ウオウ イエー
ウオウ イエー
ウオウ イエー