Im coming home Im on my ownPack it up Get ready to goNo way out But I
その笑顔 どこに向け 幸せを 恵む溢れ出る 愛情は 宇宙へと 向かうお洒落な オフィーリアお洒落な オフィーリア噴水に かかる虹 手をかざして 歌う戯れる 水の精 その瞳に 宿るお洒落な オフィーリアお洒落な オフィーリア風が運んでくれる 君の髪の香り と共にお洒落な オフィーリアお洒落な オフィーリア日暮れ前 オレンジに 染まる空に 誓う優しさに 輝いた 君の姿を 追うお洒落な オフィーリアお洒
あの日の二人 未来を信じ本当の自分 少し 隠し共に過ごした 日々は長くは無いけど どんな 恋より 今も君と僕 双子のよう 友達は言う愛なんて そんな事 まだ知りもしない頃さ恋なんて いつだって 直ぐ出来ると思ってた時間があれば ドライブをした助手席の君は ラジオに合わせ歌う君の髪 僕の髪 絡ませて遊ぶ愛なんて そんな事 まだ知りもしない頃さ恋なんて いつだって 直ぐ出来ると思ってた
ソワソワして 眠れぬ休日のいつもの パターンさ寝不足の 目をこすりそれでも気分は 盛り上がる Sunday Morningシャワーでスッキリ いつでも 飛び出そうオー Sunday Morningオー 特別なフワフワして 決まらぬ今日1日の スケジュールコーヒー淹れ 何処行こうそれでも一人で 盛り上がる Sunday Morning早めのビールで 1日が Special Dayステレオからは Steely
モテ方 隠せる程 タフじゃなくて照れては 頬など赤く染め はにかむ可愛さ押し出してる 男じゃ色気 出せぬよチョットぐらい 無鉄砲な方が 魅力的さ燃えて 濡れて そのまま届け 愛の襞まで 今はコルセット外し磨いた上辺の その華は 偽りベトつく甘さも その内に 飽きられメッキが剥がれてくよ 裸で勝負の時さチョットぐらい 無茶苦茶な方が 魅力的さ燃えて 濡れて そのまま届け 愛の襞まで 今はコルセット外
セーヌ川の 左岸に建つ小さなホテルで ワインにまみれて絵筆を持ち 世界中を旅しては 自由に 愛を描く本当は嘘 全てが嘘小さな頃から ペテンにまみれた人を騙し 自分騙し虚しい人生と 振り返るよ勤勉で努力家と 吹聴するペテン師でも それが 理想 なのさ本当は嘘 全てが嘘小さな頃から ペテンにまみれた人を騙し 自分騙し虚しい人生と 振り返るよ勤勉で努力家と 吹聴するペテン師でも それが 本当 なのさ勤勉
saint mother 優しき 愛を築いたpaint it black 偉大な男は歌うある朝は 夜明けから ヴォリューム上げてレコードかけて ベランダから 町眺め登る朝陽の 眩しさを 恨みながら空に毒づいてさ 一人空回りの朝 今はそれでもブギウギ dance with me朝まで踊ろうそれでもブギウギ dance with me朝まで踊ろう落雷 光と 音の狂宴嵐は いつしか 通り過ぎてく秋の日を
Over the border My Mexican bloodMy dad and moms story of loveLove you, love you,
千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉千葉 オン・マイ・マインド千葉 オン・マイ・マインド千葉 オン・マイ・マインド オン・マイ・マインド千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉 千葉 千葉 千葉千葉 千葉東京ディズニーランド 成田インターナショナルエアポート千葉ロッテマリーンズジェフユナイテッド市原千葉調子屏風ヶ浦
夏の匂いがする 町に広がる時汗が染み込む シャツの胸元をボタン外して 虚ろに生ぬるい風吹く 熱帯の夜の街風鈴の音さへ 苛立つよ 風の舞あなたの その瞳 遠くを見て 妖しく町が匂い立つよ 闇に広がる頃汗とコロンの 匂いに紛れて人混み掻き分け 急ぐよ名画座では今夜 白いドレスの女映画館の中に 気怠さが漂ってあなたの その瞳 遠くを見て 妖しく
気楽さ僕 心の中 夢が溢れ出し運任せの今 ツキが頼りソファーに足 投げ出しては 眠りに落ちてくその日暮らしだね 呑気なもの僕だけ 軌道を 外れて 回るよそんな 奴さ いつでも踊り始めよう 二人向き合って地球の軌道も 驚き外れる君は特別で 何が起きようといつもと変わらぬ 微笑みを浮かべそんな 君が すべてさラジオからは 知らぬ曲が 流れ始めだしどこか懐かしい 素敵な曲ギター出してコード探し 口ずさん
ガレージの隅の ラジオから流れる懐かしい ディスコで聞いたやっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな やっちゃいなやっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな音が割れるほど ヴォリュームを上げて奇声上げ 彼女が踊るやっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな やっちゃいなやっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな やっちゃいな土曜日の午後の 夜を待つ間にビール開け ソファーにもたれやっちゃいな 
懐かしい曲 ラジオで 流れ踊り だす君はあの小説の ヒロインのようよみがえる 女神映画の 舞台に 憧れ思いを 馳せるよ輝いた 夢みる パリ愛された あの 日の パリ日はまた昇る 自堕落な 時をナイトクラブで ブレットが舞うエヴァ・ガードナーさ朝が 来るまで 落ち着きもなく店を 移ってはシャンパンの 泡が 儚く消えてく 間に輝いた 夢みる パリ愛された あの 日の パリ日はまた昇る 自堕落な 時を
犬を追いかけ 戯れる子供達を見ては ペダル漕ぐよ晴れた日の 午後に川を下れば 浅草に墨田川の秋の 風受けてスカイツリー目指しコーヒーとドーナッツ 一息入れて君想う 土曜の昼下がり 行き交う人眺め 夜には君の所 目指すよ夜は静かに降りてくる気が付けばネオンも 瞬いて帰り道急ぐ君の街まで 地下鉄で目を閉じてウトウト してる間に降りる駅の 景色コーヒーとドーナッツ お土産下げて君と会う 賑わう夜の街 歩