あの日の夕焼けを思い出してfriend 校舎の屋上で打ち明けた夢逸らさず見つめた光 全てが叶うと信じていた…Na na na…新しい部屋 開いたダンボール箱に並んだアルバムそこで見つけた教室の写真には肩組み笑う僕ら暮れてくバッティングセンター 制服の袖まくり上げて二人流れる汗も拭かずに飛ばしあった想い帰れない 戻れない 強く輝いて見えた日々に今君の瞳に映る景色が曇っているならあの日の夕焼けを思い出
汚れた壁 小さなソファ 君のお気に入りの出窓君と二人写した写真は ところどころ外れていつか君が買ってきた カーテンは僕らの部屋を幸せ色に変えたけれど今となれば僕一人の この部屋の中で 悲しいほど不釣合いさ窓の外は雨 君は誰の傘の中今も変わらない想いを 出会ったあの時の想いを胸に抱えて眠るよ 思い出になる前に少しだけ広くなったベッドで…壊れたまま 光っている 君がつけていたピアスすぐに直してあげれば
時計台の前で 五本目のタバコに火をつけ白いダッフルコートの君を待ってる石段に腰かけ 身を寄せ合う恋人たちを気がつくと 眺めてしまってるかじかむ右手を あたためながら鳴らない電話を あと何度見るだろうか…粉雪が舞い落ちて 僕の肩 降り積もる行き場のない この想いも 白く埋めてくれればいい立ち並ぶランプが 不規則に点滅しているまるで 僕の今の気持ちのように階段の向こうに 人影見るたび鼓動が高鳴る 君が
灯りもつけずソファにもたれて 突然の「さよなら」抱えてる僕音のない部屋で君からもらった壁時計だけが今を刻んでいる去年のBIRTHDAY 行きつけのパスタ店遅れた僕に手を振るテーブルの君背中に隠したプレゼント見えて 慌てた姿 とても可愛くて2つの針は同じリズムで ずっと進んできたのにいつからだろう 君は僕追い越して もう重なることはない願いが一つ叶うなら 二人をどうか巡り会わせはしないで雑踏の中で 
春風がビルの間で鳴き始めると淡く切なく甦る笑い顔がある君がいつもよく着ていた水色のシャツ似ている誰かに会うたびふと振り向いてしまう“陽だまり 手を伸ばす ツボミ ひとつ…”桜咲く頃 君と出会って桜咲く頃 恋を焦がした桜咲く頃 君と二人で同じ春を待っていたのに日が暮れるまで 二人きり話した公園風に揺れてるブランコに 君を探してる“何度も 抱きしめた すごく すごく好きで…”桜咲く頃 君と別れて桜咲く
SHA-LA-LA 歌い飛ばそうよ 喜びも悲しみもSHA-LA-LA さあ始めようよ ありのままの僕らのNEW DAYSSHA-LA-LA…「掛け違えたシャツのボタン」のような、何となく空回りの日々鏡の前 疲れた顔の自分にうまく笑えないそんな時もあるけど。SHA-LA-LA 歌い飛ばそうよ 喜びも悲しみもSHA-LA-LA さあ始めようよ ありのままの僕らのNEW DAYS「ラッシュアワーの満員電
小さな粉雪が 頬に落ちてきた君の住む街にも 降り始めたかな最近の僕たちの 状況は複雑で着信履歴の中に 君の名前はない夢をつかむために乗り込んだ あの列車鳴り響くベル 駅のホーム 涙目の君「離れても一緒だよ」ってもしも時を飛べるなら 強く抱きしめてあげるそして僕の腕の中聴かせて 聴かせて 君の想いを聴かせて 聴かせて 今日の想いを「逢いたいよ」夜更けの留守電に残した明日の朝 君が笑顔で聞いてくれるよ
解けた靴ひもに信号待ちで気づいたこの街は「歩き方」 教えてはくれない青に変われば 皆 肩をぶつけ歩くスクランブルの前で 立ち尽くしてる僕“あの日の夢”を“現実”が覆い隠しても雲抜け光射す日を信じてさよなら さよなら 昨日までの僕踏み出す1歩が いつだって「スタートライン」アパートの片隅で 孤独抱える夜いつかの「寄せ書き」で仲間に励まされて“涙の日々”に“未来”が霞んでいても雨上がりの空 星を見つけ
夢の坂道は 木の葉模様の石畳まばゆく長い白い壁足跡も影も残さないでたどりつけない山の中へ続いているものなのです夢の夕陽は コバルト色の空と海交わってただ遠い果て輝いたという記憶だけでほんの小さな一番星に追われて消えるものなのです背中の夢に浮かぶ小舟にあなたが今でも手をふるようだ背中の夢に浮かぶ小舟にあなたが今でも手をふるようだ夢の語らいは 小麦色した帰り道畑の中の戻り道ウォーターメロンの花の中に数
通い慣れたゆるやかな坂道を今 自転車で走る紺色ブレザーの仲間たちの肩をたたいて最後の「おはよう」落書きだらけの机の前では響き合うシャッター音ざわめき かき消すチャイムが流れて誰もが一瞬 まぶたを閉じるけどそう 僕ら これから別々の道を歩いて新しい日々の中で夢のカケラをつなぐたびにみんなの笑顔が 背中押すだろう体育館の隅に忘れられたままの汚れたバスケットボール聞こえてくるのは仲間たちの声を枯らしたあ
久しぶりに君を見かけた 遊歩道の人混みの中で僕の好きだったあの笑顔 知らない誰かに見せてたもしも願いが叶うなら 出会った日の二人に帰りたい雨の遊園地 傘もささないで あの時に乗ったメリーゴーランド二人だけの時 もう戻れないんだね 幸せな日々にはずっと伸ばしていた髪も とうとう短く切ったんだねまだ新しいその靴と とてもよく似合っている綺麗になった君を見て やっとこれで良かったと思えるよ雨の降る街 傘
心の深いところで繋がってる言葉にはしないけれどわかるよ繰り返す輪廻の果て 出逢った奇跡永遠に続く…不安にさせたね 二人の距離は遠く離れてつのる思いに必死で僕ら 鍵をかけた週末 君からの電話の音は何故か優しくて他の誰かのものとは違う響きがした心の深いところで繋がってる言葉にはしないけれどわかるよ繰り返す輪廻の果て 出逢った奇跡永遠に続く 愛疑い合って 傷つけあった日々を重ねて手にしたものは 決して揺
「最近どうしたの? 何だか元気ないね悩みがあるなら あたしが聞いてあげる」まったく君は相変わらず鈍いなあ僕の悩みは君から生まれてるファミレスの窓際でおしゃべりする僕らはまるで恋人同士のようだけど このテーブルの真ん中あたりに「友達」という見えない線 引いてるから胸の想いは 今はしまっておくよ君はノンキにメニューを見てる君を「彼女」と呼べる日がいつか来たら僕の悩みはたちまち消え去ってしまうのに夜更け
突然の通り雨に 君の手を握り走り出して図書館の屋根の下に 駆け込んだけど濡れたシャツ気にもせずに 笑う君をもっと見てたくてこの時が続けばいい そう願った君を強く抱きしめたい 震えるこの腕で雨よどうか降り続いて 僕の決心がつくまでは窓際の席に座り 借りたばかりの本を開いて肩寄せて 声ひそめ 内緒の話君のそばにずっといたい 明日も明後日も雨よどうか降り続いて 君とこうしていたいから通りゆくバス また一
夢を止めないで探し続けるよ輝く明日の方へ夢を止めないで歩き続けよう新しい朝を見つけに行こうかかとをつぶしたスニーカー履いて表通りくたびれた街路樹を 陽射しがつつむ揺れる枝に 咲く小さな実湧き上がる 熱い想いそうさ夢を止めないでつかんでみせるよ伸ばす手の平の中へ夢を止めないで走り続けよう新しい朝を迎えに行こう乾ききる前のTシャツ すぐに袖通して自転車のペダルを踏み込んだ「照りつけても 負けない向日葵
柔らかい風が カーテン揺らせば浮かんでくるよ 君がいた夏真夜中に 校舎のフェンス乗り越えこっそりと 忍びこんだね 誰もいないプールに素足ではしゃぐ君 跳ねた水しぶきキラキラと全てが眩しくて息も出来ない程に 君が好きだった永遠 信じてた恋そっと 肩を寄せ合って 撮ったポラロイドアルバムに 今 しまうよ この想いと共に…小さなバス停の看板に二人内緒で書いた名前は 現在(いま)もそのままで長く続く坂道 
明日 君が街を出て行くずっと抱いてた夢を叶えるためキレイに片付いた部屋にはいくつかダンボールがあるだけ缶コーヒーを 2つ並べていつもの様に 朝が来るまで語り明かそう夢へと歩き出す君の背中を押したいよ強く「負けるな 負けるな」心の中で叫んでるくよくよしないで どうかあきらめたりしないで強く想えば届くよ君の願いが叶いますように出発の朝 駅へと向かう車の中僕らは(二人は)ずっと黙ったままで未来へ走り出す
色とりどりのコートが街に溢れ通りを行く人の吐く息も白くなってる僕ら付き合ってもうすぐ一年だね二度目の君との冬が始まりを告げた部屋に戻り 引き出しの中取り出してみた買ったばかりの君へのシルバーのリング白い壁にかかったカレンダー二人の記念日まで数えた君の驚く顔 早く見たいな小さく細いその指にこの「想い」通してくれたら赤く染まる頬に そっとキスをしよう僕と逢う日は 手袋はしてこないで凍えたその手を僕が温
明日には笑えるように 大声で笑えるように向かい風だって 受け止めたい明日を迎えた時 自分を好きでいられるようさぁ 頑張っていこう雨上がり 優しい風 身体に受けて舗道走ってる昨夜の悔し涙 その跡さえもすべて乾かしてゆくよ誰だって 傷つくのは とても怖いけど水たまり飛び越えて見晴らしのいい夢の丘に向かうのさ明日には笑えるように 大声で笑えるように向かい風だって 受け止めたい明日を迎えた時 自分を好きで
涙 浮かべて満員電車 揺られる君何処にも「居場所」見つけられずに駅からの道 行き交う人に足踏まれていくらたっても この街に馴れない坂道登ってく自転車の学生まぶしい背中に 励まされたような元気を出して さぁ涙ふいてやっぱり笑顔が君には似合うから元気を出して 空 見上げれば ほら今日の悩みはちっぽけに思えるさ夜の踏切君がつぶやいた寂しさ列車の音にかき消されてしまうよ家に帰り ひとり開いたアルバムに仲間
にわか雨が去った街で 仕事帰りにつかまえた笑った瞳の影 少し気になったんだすぐ僕を心配して 野菜食べなとか言うけれど後回しにしてる自分の事も 気にかけてくれるといいなこんな時どんな声を掛けよう… 落ち葉踏むバス通り「風が気持ちいいね」なんて普段のお喋りで ほぐしてくれんだ雨あがり君は 虹を探すひとぬかるむ道でも 上向いてくんだねつまずいても平気 僕が隣にいるから「たまにはほら 僕を見習って 愚痴の
毎朝電車のつり革に 歯を食いしばってしがみついてる誰もが人生のレール 振り落とされないようにあの大学生も サラリーマンも OLさんも それから僕も「幸せ」という目的地は一緒なんだバレないようにしてる ずるさも悔しさも赤の他人にだったら 打ち明けられそうさでも… 君も同じだろ? 顔で笑って 心で泣いて今日を必死で がんばってるんだ がんばってるんだそうだ がんばってない人なんていないんだしわになった
あのとき愛するひとを失くした 彼や彼女の心は今だって 瓦礫に埋もれた世界「忘れずにいなさい」と「前に進みなさい」の二つの声の狭間でその身をすくめてるLife goes on…確かな事が1つだけあるならそう人生は続いていく笑って笑って それでも笑って生きてゆこう 生きてゆこう 愛だけ見つめて遠くの茜空 眩し過ぎる時には泣いたっていいから泣いたっていいから「会いたいよ」って泣いたっていいからたとえば 
僕は知ってる 君があの日からひたむきに息切らせ ここまでやってきたことその凛とした笑顔があるのは幾千の悔しさを 超えてきた証なんだ「無理だよ」「やめとけ」弱気な声に軽く手を振り君は何度でも スタート台蹴るんだね「がんばれ!」いつも一生懸命な姿に涙がこぼれそうだ「がんばれ!」夢を泳いでゆく背中に 叫ぶよ ありったけのエールをでもね時々 分からなくなるんだ傷だらけになってまで 人はなぜ波に立ち向かうの
そっと「I LOVE YOU」届けたくて響かせた甘酸っぱいメロディー君が笑う それだけで 生きてゆける気がした夕暮れどき 駅のベンチに イヤホン分け合う高校生あの日の僕らがそこにいて眩しさに目を背けるよ「ずっとずっと一緒にいよう」 浅はかな約束もしたけどあんな風に真っ直ぐ汚れなく いま愛を叫べるかなぁ覚えてるかい 聴かせあった「二人組」の青臭い失恋ソングそっと「I LOVE YOU」届けたくて響か
「未来の僕よ そっちじゃ楽しくやれてるかい?」夢に出た少年の問いは なかなか遠慮がなくてTVが焚きつける 「幸せ」に今朝も指咥えて足りないぶん補わなくちゃと 必死でサプリ飲むんだもういっそ職業欄に書いてやれ 「天才ペテン師」こんな毎日も悪くないなと じぶん騙してんだよだけど Good Dayだって Bad Dayだって所詮 僕が決めんだろうドアを開けたら 「Today Is a Newday」なん
こんなところでばったり まさか会うなんて徹夜明け 無精ヒゲで出てきたのに…「次の急行まだかなぁ」と はぐらかす声はこれまで君をどれだけ傷つけたろう(僕ら手遅れなのかな) 胸の端っこで響いた「髪切ったの」と 照れてる君に焦った「だよな すごい似合ってる」 自然に言えた現在の恋愛事情とか気にもなるけどふった僕に聞く資格あるはずもないたそがれゆく駅のホーム 後悔ってこういう景色だ「じゃあね。」と手を振り
あなたに会いたくて 朝焼けを見つめていました打ち明けたら笑うだろか 感傷的なひとね、とたぶん少し前の 僕なら見過ごしていたでしょうアパート沿いの花壇に春が いじらしく芽吹いたこともなぜ人を好きになると きゅんとして泣けてくるの?空っぽだったハートがほら ざわざわ…ざわざわ…こころに花を(Love…) こころに花を(Love…)ちくりと刺すトゲに  切なくて涙が出るこころに花を(Love…) こころ
冷えた缶ビールと ピザを運んだらユニフォーム代わりの 青いシャツでも探そう今日は代表戦 実況が叫ぶ 「負けられない戦い」これって僕らの日々じゃない?最近ヘコんでる 君を察知したはずもなくさぁ行け!と背中押すように キックオフの笛が吹かれた「ファイト!ファイト!」 がんばる誰かの為に喉を嗄らした横顔がとっても素敵だファイト!!…この声もしっかり届いてるかい?Everythings gonna be
午後の時計台 ふと思い出すプロローグもともとの眠そうな顔で 「遅れてごめん」とあなた連れてってくれた 公開したてのラブストーリー“紙切れ”じゃない半券は こっそりバッグの中へ終わった恋の背中を 追いかけてるなんて思わないで想い出捨て生きられるほど人は 強くないでしょう?いつか観た映画のようなハッピーエンドじゃなくてもあなただけ待ち続けた時間が私のことやがて大人に変えたの戻らない季節の中で半年後のこ