ゆらり 陽炎 振り返る人遠いあの日の君を見ていた折れてしまいそうな季節もおだやかに過ぎてゆけばいいなぁこころが揺らぐとき 無邪気に微笑んでくれる夕焼け帰り道 君に逢いたくてそぞろ 雪あかり歩く道ふいに静けさが聴こえてきた愚かでもろいこの時代もしなやかに生きてゆければいいなぁこころが凍るとき 無邪気に微笑んでくれる綿雪舞う夜は 君に逢いたくてあした 愛しき日々たどれば鮮やかによみがえる人たちつまずき
ともし火ちかく 衣縫う母は春の遊びの 楽しさ語る居並ぶ子どもは 指を折りつつ日数かぞえて 喜び勇むいろり火はとろとろ 外は吹雪いろりの端に 縄なう父は過ぎし昔の 想い出語る居並ぶ子どもは ねむさ忘れて耳を傾け こぶしを握るいろり火はとろとろ 外は吹雪
‥ふと 風惑う 恋…ねえ 青い空は はてしないそう 風の森よどこまでも どこまでも ふきぬけるの風よりも つかめないあのひとが そばにいた たしかな証この胸の きずあとはあのひとが かいた 恋文のようでセバマダノ セバマダノわすれないわねえ 白い夢は はてのないそう 風の森よひとりきり ひとりきり たちつくすのひらひらと 手をふった微笑みは とめどない 涙のかわりさよならは 哀しみをおもいでに か
濡れた月が したたりて そそのかす白い 壁に揺れるのは黒い 哀しみの影絵ですどうして 抱かれるのはいつも かなしい濡れた月が くるおしく 欠けてゆく闇を つかむ指先が赤い 曼珠沙華になりますぽきりと 手折られたらきっと しあわせ濡れた月が せつなさを あぶりだす何も 欲しくないですといつも 嘘をついてきましたあなたの 胸の奥の痛み ください濡れた月が したたりて そそのかすそう…神の留守 ねえ 今
稲の花 ホーハイ ホーハイ ホーハイ白いでぁなーエ 白い花 アリャ実る津軽富士 ホーハイ ホーハイ ホーハイ高いでぁなーエ 津軽野の守り神ばばの腰ゃ ホーハイ ホーハイ ホーハイまがったなーエ まがった腰ゃ アリャのらぬりんごの花 ホーハイ ホーハイ ホーハイ白いでぁなーエ 白い花 アリャ見事ホーハイ ホーハイ ホーホーハイ ホーハイ ホーホーハイ ホーハイ
春遅き庭に 白もくれん惑う私の 心の色哀しみの束 ほどいてみる亡き人想う しみじみと拭わぬ涙が こぼれて咲く十六夜(いざよい)の月 雲の絶え間に心の殻を ぬぎすてる心細さに 仰ぎみる空淡き光が 闇をてらす夢叶えんと 我に誓う惜しむ間もなく 散る花は香り高く 凛として思いはせるは ふるさとの母咲いて 咲かせて 命つきるまで
春がまた来るたび ひとつ年を重ね目に映る景色も 少しずつ変わるよ陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く気がつけば五十路を 越えた私がいる信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったらどんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよI say its fun to be 20You say its great to be 30And they
かあさんは夜なべをして手袋あんでくれた木枯しふいちゃつめたかろうてせっせとあんだだよふるさとの便りは届くいろりのにおいがしたかあさんは麻糸つむぐ一日つむぐお父は土間でわら打ち仕事お前もがんばれよふるさとの冬はさみしいせめてラジオ聞かせたいかあさんのあかぎれ痛いなまみそをすりこむ根雪もとけりゃもうすぐ春だで畑がまってるよ小川のせせらぎが聞こえる懐かしさがしみとおる
なにもかも この手からシャボン玉のように消えてゆく沈みそうな夕陽 追いかけてたうすれてゆくあなたの気持ちに気づいて笑いかけた瞳 涙あふれて車の窓を開け 言葉さがした風になりたい 行く先も告げず大空を羽ばたく鳥のように風になりたい あの空を舞い上がり私だけを映す 光を求めてもう忘れたはずの あなたのぬくもり指先に残って 少しとまどう求めすぎた愛は 雨に打たれて暮れ色の歩道を 流れてゆくわ風になりたい
かざぐるま 月夜にかざせば夢に見たころを想うよ悲しい すこし悲しいカラカラと カラカラとあぁ アカシアの咲く道は続く人は行き 人は帰る恋しい 少し恋しい土を蹴る音がする遠回り 灯りともる路地しめった風が 目にしみるせつない すこしせつないサラサラと サラサラとあぁ 誰にも同じ 時は流れ人は泣き 人は笑うおかしい なぜかおかしい霧雨に虹が出るあぁ アカシアの咲く道は続く人は行き 人は帰る恋しい すこ
黄昏にそまる 川沿い 何もない駅急行にぬかれ 私だけが残る忘れられない あの人を交差点の向こう不意に見つけてしまった その横顔をあなた 気づかなかったでしょう二度と逢えない だから永遠の恋人だと ドラマみたいにもっと ときめくはずなのに「安いサンダル はいてた」あの歌を私 思い出していたわ何もない駅は 枯れ葉を撒いたみたいにカサカサと胸に 余韻だけが残るだからね いつも運勢は少しぐらい 悪い方がい
そうね あなたにだって若くて 輝いた頃があった愛されたいと 深く思うたびきれいになったものね結婚して 子供が生まれてからは ただ忙しくて自分のことは いつも気づけば 後回しになったものね時を削って 愛をそそいで帰りを待って 早起きをして愛しさや 悲しさ胸に閉じ込めてきたでしょうその心の玉手箱をもう 開けてもいいのよ詰めこんだ 愛情のぶんだけ今度は 自分を愛してあげなさいゆっくりふたを開けてあなたの
冷めてゆく夢のように 愛しさはうすれて穏やかな木漏れ日が 慰めてくれる答えなどないはずと わかってはいるけど胸に空いた隙間だけ 今はただ切ない街の灯が照らす街路樹を見守りつづけた そのやさしさはいつかきっとふりむく時 気づくのでしょうあの人のいる町が 今はまだ遠いけどこの胸の熱さだけは 届きますように優しさに背を向けて 笑うことを忘れて風の音に溶けてゆく 繰り返すため息忘れてた懐かしい歌を聴き涙ぐ
明日になれば あなたも少しは後悔するよにふざけた 派手な仕草で見せてよ サヨナラもっと飾らない笑顔がつつみ込むようでまるで たてがみに守られてる 優しさ愛だと 信じてたかかとの高さなんかじゃごまかせないのが 寂しさ二人でいれば いるほど 遠ざかる心嫌いじゃないのに両手にありあまるなら人生 削ればいいのに切れない思い 抱く人言ってよ サヨナラもっと忘れてしまうのも 悲しいけれどたぶんそれは 夢 それ
泣き虫だったね あの頃は困らせてばかりの毎日もかわいいあなたの寝顔見て心和む時間を ありがとう幼い日見た夢 幻と消さないですべて叶えられるメッセージあなたの胸にあるたずねてゆくでしょう 迷いながら弱さを知った日から始まるあなたがいつか 涙ぬぐいやさしい人になれる時がくる風が止み 光が雲間から放つとき愛で満たされるロマンスがあなたの胸に咲く愛されて この世に生まれた日舞い降りた 白い天使たち永遠に 
雪が降れば 思い出すよ赤い林檎ひとつ 頬に押しつけ何も言わず 去った人を赤い林檎見るたび 頬ぬれる今 おもう あれが初恋伝えたい言葉も知らず 遠去かる後姿に雪止まぬ 津軽の冬よ舞われ舞われ舞われ舞われ舞われ舞われ 積りゆく雪舞われ舞われ舞われ舞われ舞われ舞われ 募るおもい雪の中に 埋めた林檎春の光させば 赤く輝く雪の匂い ほのかにして甘い蜜も したたり 胸ぬらす咲き盛る林檎の花を 摘みとって吹雪の
ねえ 気づかないの まだ終わりじゃないことに今あきらめても また取り残されるだけぼんやりと月明かり 一人ぼっち眺めてた遠い星が もっともっともっと近づいて見えますように淋しさつきまとう夜に抱かれながら少しだけ 甘い夢今夜は見ていたい 邪魔しないでつれなくって ごめんねねえ 気づかないの まだ終わりじゃないことにもう見ない振りして 笑ってごまかしてるけど灯りもない帰り道 迷子の子犬にじゃれつかれ情け
根雪とけて 芽吹く頃そっと 別れつげる白鳥荒れ狂う 雪にめげず越えてゆく 愛しき旅人帰れ 帰れこの街へ明日 つばさ休めるため青く 強く またたく星まるで ゆく夏惜しむように笛の音が 風に踊る夢一夜 沸きあがる火祭り帰れ 帰れこの街へきっと 忘れぬ熱き血が桜舞い めぐる季節なつかしき 人皆がふるさと帰れ 帰れこの街へ忘れかけてた 夢がまってる帰れ 帰れこの街へ忘れかけてた 夢がまってる
風に向かいながら 皮の靴をはいて肩と肩をぶつけながら遠い道を歩く僕の地図はやぶれ くれる人もいないだから僕ら 肩を抱いて二人だけで歩く君のこころ ふさぐ時には粋な粋な歌をうたい君をのせて 夜の海を渡る舟になろう人の言葉 夢のむなしさどうせどうせ 知った時には君をのせて 夜の海を渡る舟になろうラララ…‥ ラララ…‥君をのせて 夜の海を渡る舟になろう君をのせて 夜の海を渡る舟になろう
運命を信じた あの頃世界はとても大きくて強がりで ムリをしたり傷ついたりしたわ今はもう なくすものもなくて無邪気になれるかなわぬ夢もかわいいと思うから最後の初恋をしますかけひきも 我慢も 約束も何もなくて 心だけでただ ときめきたい思い出は いつでも 優しいたとえば どんな悲劇でも早送りすれば なぜかコメディーに見えるよに抱き合って 言葉を分け合ってそれも しあわせ気持ちが 少し動けば 熱くなれる
ありがとう ここで出逢えたこと暖かく 微笑む顔が よく見える僕らは 光のように心の中 照らす絆がある花咲く道 夏 雨の中泣いた夜も おぼえているからさよなら ひとりになればあなたのこと もっと好きになるよ何度も 手を振りながら胸の中に 響く 言葉のようにあの空から 届く光のように
ひきとめは しないけど何もかも 夢なのね誰よりも 愛してたあなたは憎い人それが私の せいならば別れるなんて 出来ないわあなたがそばに いなければ私は歩けないもう少し いてほしいあきらめる 約束の涙のかわくまで かわくまでひきとめは しないけど口づけは しないでねつかの間の しあわせに心がまようからそれがあなたの ためならば哀しいけれど これっきりねなぐさめはもう 云わないで私は大丈夫もう少し いて
雨に濡れてた たそがれの街あなたと逢った 初めての夜二人の肩に 銀色の雨あなたの唇 濡れていたっけ傘もささずに 僕達は歩きつづけた 雨の中あのネオンが ぼやけてた雨がやんでた たそがれの街あなたの瞳に うつる星影夕空晴れた たそがれの街あなたの瞳 夜にうるんで濡れたブラウス 胸元に雨のしずくか ネックレスこきざみに ふるえてたふたりだけの たそがれの街並木の陰の 初めてのキス初めてのキス 初めての
淡紅の秋桜が秋の日の何気ない陽溜まりに揺れている此頃 涙脆くなった母が庭先でひとつ咳をする縁側でアルバムを開いては私の幼い日の思い出を何度も同じ話くりかえす独言みたいに小さな声でこんな小春日和の穏やかな日はあなたの優しさが浸みて来る明日嫁ぐ私に苦労はしても笑い話に時が変えるよ心配いらないと笑ったあれこれと思い出をたどったらいつの日もひとりではなかったと今更乍ら我儘な私に唇かんでいます明日への荷作り
白い坂道が空まで続いていたゆらゆらかげろうが あの子を包む誰も気づかず ただひとりあの子は昇ってゆく何もおそれない、そして舞い上がる空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこうき雲高いあの窓で あの子は死ぬ前も空を見ていたの 今はわからないほかの人には わからないあまりにも若すぎたと ただ思うだけけれど しあわせ空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこうき雲空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこう
あなたの心に 風があるならそしてそれが 春の風なら私ひとりで ふかれてみたいないつまでも いつまでもあなたの心に 空があるならそしてそれが 青い空なら私ひとりで のぼってみたいなどこまでも どこまでもだっていつも あなたは 笑っているだけそして私を 抱きしめるだけあなたの心に 海があるならそしてそれが 涙の海なら私ひとりで およいでみたいないつまでも いつまでもルルルル…‥ラララ…‥だっていつも 
今も聞こえる ヨイトマケの唄今も聞こえる あの子守唄工事現場の ひるやすみたばこふかして 目を閉じりゃ聞こえてくるよ あの唄が働く土方の あの唄が貧しい土方の あの唄が子供の頃に 小学校でヨイトマケの子供 きたない子供といじめぬかれて はやされてくやし涙に くれながら泣いて帰った 道すがら母ちゃんの働く とこを見た母ちゃんの働く とこを見た姉さんかむりで 泥にまみれて日に灼けながら 汗を流して男に
走り去る 町も村も森も(森も)あなたの瞳には うつらない(見えない)見つめる瞳も やさしいハートもそよ風にのって ほほえむ美しい 山も川も越えて(越えて)汽車は 二人をのせて走る(走る)あこがれの国へ しあわせの国へそよ風にのって 走るよ青空に 浮かぶ白い雲も(雲も)走る汽車を 追いかけて来るよ(来るよ)ほそながい雲も わたぎれの雲もそよ風にのった 二人よあこがれの国へ しあわせの国へそよ風にのっ
なぜ めぐり逢うのかを私たちは なにも知らないいつ めぐり逢うのかを私たちは いつも知らないどこにいたの 生きてきたの遠い空の下 ふたつの物語縦の糸はあなた 横の糸は私織りなす布は いつか誰かを暖めうるかもしれないなぜ 生きてゆくのかを迷った日の跡の ささくれ夢追いかけ走ってころんだ日の跡の ささくれこんな糸が なんになるの心許なくて ふるえてた風の中縦の糸はあなた 横の糸は私織りなす布は いつか
空を押し上げて手を伸ばす君 五月のことどうか来てほしい水際まで来てほしいつぼみをあげよう庭のハナミズキ薄紅色の可愛い君のね果てない夢がちゃんと終わりますように君と好きな人が百年続きますように夏は暑過ぎて僕から気持ちは重すぎて一緒に渡るにはきっと船が沈んじゃうどうぞゆきなさいお先にゆきなさい僕の我慢がいつか実を結び果てない波がちゃんと止まりますように君と好きな人が百年続きますようにひらり蝶々を追いか