恋人失格 – コレサワ

確かに出て行った
君は泣きそうな顔してた
だけれどやっぱ泣かないんだね
そういうとこが嫌いだった

確かに恋人で
君の部屋は優しかった
痩せたいと言いながらいつも
おかしを食べて笑ってた
そういうとこが好きだった

だけどもう君のわがままを
笑顔で聞けそうになくてさ
恋人失格だって 僕は弱かったんだ
だけどあの頃の僕にとっての
一番好きなものは 大事なのは
ちゃんと君だったよ
信じてくれないよな

『ねぇ 一口吸ってみたい』
と僕のたばこ欲しがったけど
あげないよ 君はまたスネて
だけどすぐに甘えてきた
そういうとこが好きだった

だけどもう君のヤキモチを
笑顔で聞けそうになくてさ
恋人失格だって 僕は若かったんだ
だけどあの頃の僕にとっての
一番好きなものは 大事なのは
ちゃんと君だったよ
信じてくれなくても

君のキスはいつも短くて
足りない 足りない もういない

だけどもう君の大好きに
笑顔で返せなくてさ
恋人失格だって 僕は弱かったんだ
だけどあの頃の僕にとっての
一番好きなものは 大事なのは
ちゃんと君だったよ
信じてくれないよな

確かに出て行った
君は泣きそうな顔してた
だけれどやっぱ泣かないんだね
そういうとこが嫌いだった
そうさせてた僕が嫌いだった