A girl — コトリンゴ

落ち着かない朝 生まれたての気持ち
なにをしようか どこへ行こうか
目を閉じて 誘われるまま進む

あの子は今日も 本の中に
明日話すことを 探してる

なにを確かめてるの

ほんとうの言葉が聴きたいの
全部好きだって言うのなら
ほんとうのこころが知りたいの
意味のないお喋り続けるなら

nature girl いつも耳澄まし
土の中からする声を聴く
あの歌をぼくは消してしまいたい
どこかへ つれてって ああ おねがい

涙を一匙かき混ぜた ララ

雲のない夜 みんな家の中
さあ出ておいで 教えてあげる
ふるいふるい 雨乞いのダンス

生まれたばかりのこの想い
ぶつかりあって宝石になれ

立ち止まりいつも手を広げ
雲の上から降る幸せを
左頬に受けて微笑んだ
ここに居ていいよ ああ

nature girl いつも耳澄まし
風に乗ってくる声を聴く
あの歌をぼくはずっと忘れない
どこへも 行かないよ ああ きっと