魚 – コトリンゴ

波の音に自由を見つけたサカナ
いつまでも泳ぎ続ける
きみの歌に自由を見つけたサカナ
沈むまで尾ひれなびかせる
ひらひらひら

きらめく鱗が欲しい訳じゃなく
境界線を見たい訳じゃなく
空を飛ぶ鳥に気持ち届かない
歩く羊はただ哀れむだけ
はらはら

あの浜辺には 誰が待つんだろ
いつかのひとか まだ知らぬひとか

波の音に永遠を見つけた
柔らかい光にやすらぎを感じた
サカナいつまでも泳ぎ続ける
この世界しか知らないでいいの
たくさんの事を知らないでいいの
そんなふうに 生きてゆけたなら

サカナの記憶はどこまでめくっても
大きさ違いの丸いあぶくだけ
見送ることに疲れた日はいつも
にがくてあまい水をのみ込むだけ
ゆらゆら

陸に上がれば 息も出来ずに
歪んだ空を睨んで冷たくなるの

この世界から連れて行かないで
たった一つでも精いっぱいだから
サカナいつまでも泳ぎ続ける

風の音に情熱を感じた
揺らめく光は甘いささやきって
そんなふうに生きてゆけたなら