高い空 – コザック前田

高い空を見上げながら君のことを思いだした
笑いあったそして励ましあった君と僕がここにいた

夢を求め奇跡を求め神戸の街で戦っていた
全てを背負った君の後ろ姿に決意と覚悟を感じてた

桜の季節と共にやってくる君の笑顔と苦しんだ顔
僕は忘れずとっておくのさ
あなたの残した全てのことを

高い空はとても晴れていて君を遠くに連れ去っていった
僕がそちらにいったあかつきには酒でも一緒に飲もう

カッコつけでプライドが高く
それでいて涙もろく
人のために良かれよかれと
動いてた君が愛おしい

高い空にいっても君は今も僕らを見てるのだろう
もっと真面目にそして笑えるように
生きていけよと言っている