どうせ死ぬなら 年とる前に若くて美しい時に くたばった方が 歴史に残るかもいつまでダラダラ 生きてるお荷物うとまれるより きらめく若い 空になりたいつかれた大人と 合わない会話じゃ 明日は知れてる死んだ方が 未来になれるいつまでこのまま あくびのガマンだいらつくだけさ かがやく若い 星になりたいほざけ若い うぬぼれた時よわめけ幼稚な
僕はいつでも唄っていくのさ なんや知らんが唄っていくんだ楽しもうなんて思ってるうちは まだまだ満足し足りてないんだ経験知識を近所のガキに ひけらかしてはいい気になってる優越感に浸っていると 鬱の波がおそってくるのさ僕はこれからもトイレのように 言葉を吐き出しメロディーを生み出す中途半端であやふやな僕を 時間は待っててくれないわけさHEY  やる事はやった このくらいで勘弁してくれHEY 腹はくくっ