Nice to 密 you. – ゲシュタルト乙女

忘れてね 私も忘れるからさ
路地裏のあの花君は好きだった

空気を読んで あえて言葉にしないから
ここの季節の変わり目がないところ君みたいだ

彷徨う事一つもないなら 長生きしなくていい
認め合う筋一つもないなら 通過なんてしなくていい

午前3時君に電話が繋がることもうない
誰もかも不完全な人間だけれど
僕は僕を重なる

笑わないで 私は眠ってるままでいい
君だけがいるのは高雄駅だった
朝食屋さんの飲み物のシールに貼ってるJOKE
笑そうで笑えないところ君みたいだ

午前3時君に電話が繋がることもうない
誰もかも不完全な人間だけれど
僕は僕を重なる
(君だけの密になる)

午前3時君に電話が繋がることもうない
誰もかも不完全な人間だけれど
僕は僕を重なる

(君だけの密になる)