毎日がこんなにもカラフルだなんて 知らなかったんです帰り道 秋空に 手を振ったMy Secret GRADUATION初めて出逢ったあの日は たくさんのうちの一人でしたでもどこか 嘘の無い 瞳の色に惹き付けられて席替え クジは余りモノ 締め気味に見たナンバーオドロいた 隣です… そっけない照れ隠し気付いてくれるコト 想像しながらいっぱい魔法 自分にね 掛けてきたんです『ずっとスキでした』毎日がこん