窓を開けたら夏の匂い 雨のトンネル抜けて1年ぶりの虫刺されも なんかなつかしいな天気予報 外れた青空 ちょっと得した気分蝉の合唱 咲きかけのひまわり 一人じゃ もったいないから今すぐ君を迎えに行くよ足元はやっぱサンダルで 夏に飛び出そう!元気な日差し 悩み事なんて去年より小さくなったTシャツが全部吹き飛ばしちゃう昨日の少し沈んでた横顔 ずっとひっかかってたんだ今日はまかせて!お弁当作るね 早起きし
アタシハ モットモットモットヨクバリワガママニナルコノママアナタヲギュット トジコメタイノ見ているだけ 想ってるだけと決めてたけどホンノチョットデモナガク コウシテトナリニイタイヨドッカデスゴイジュウタイ シテイナイカナ大好きだよ ブレーキはもう効かない言葉の裏 感じてる誰かに太刀打ちできないなら今だけでも 一瞬だけでもあなたの心を一人占めしたいミツメテ ズットズットズット セノビシテデモオイツキ
木曜日の4時間目窓際は 私だけ特等席授業じゃ習わない科目どんなに多くの人の中からでも一瞬だけであなたの姿 ちゃんと見つけるいつかsuper duper love love days はじまる残さず食べて育てていこう この気持ちあなたに伝える勇気 ほんとはまだないくせにここで目が合っちゃえば いいな なんて少し願ったいつも見守ってくれるこの空の青さにやっと気付いたような気がするはりきりすぎてピントが
あゝぼくは恋をしてしまった 窓際の君に忘れない その日差しをもう君は汚れてしまった あいつの手で忘れない その首の痕も季節は巡り青い春は肩身が狭くなって気持ちはうまく隠したつもり耳にかかる髪と襟に着く後ろ髪隠すようにぼくは恋した 君に恋しただけどあいつがぼくを追い越した負けを散々思い知らされても(まだ好きですアイウォンチュー)ぼくは恋した 君に恋した過去に何度も別の恋もしただけど何度もまたトキメク
久しぶりね相も変わらないそのスタンスで少し安心したよ生まれたままの何も知らないその姿で出会ってみたかったよ卒業式の日ソーダで遊んだよなタバコの味を覚えて青春を忘れるないま僕らの再会を祝して一体なにをしよう?とかそんな事はもうどうでもいいただ僕がここにいてただ君がそこにいるたったそれだけでもう十分だろう知らぬふりですれ違った友達は嬉しそうに彼女を連れてましたさよならだけが人生なんだよなあなたの顔を覚
平凡極まりないいわゆる“日本のエキストラ”ってな感じで終わる半世紀ちょいに付き合ってはくれないですか?コンビニ帰り道野良猫がこっちを見てるからほら、こっちへ来いと近づいたらものすごい速さで逃げてった君しか出来ないことってあるでしょういちいち言わなくても気付けよもうそろそろ今日だって私は部屋でDVDばかりみてるの夕焼けに子供達が帰り始めても可愛くないタバコに火をつけたり消したり繰り返して来るはずのな
君から貰ったTシャツにリプトン溢したそれでもよかった世界で1つだけのTシャツできたライク・ア・ニルバーナにはなれないが今日も歌った来週末どっか飲みに行こうか?そんな口約束をしてパッとしない俺の隣にどうして君が居るのかがとても不思議ですそれでもいいよ、なんて笑う君の声また思い出してみるよ「リプトン飲んで今日もレッツゴー!」いつか変われたらいいなって思ってるうちは変われなそうだな俺ダメダメじゃんかマジ
いつも同じ時間に同じ笑顔同じ声に耳を傾けてる寝ぼけた顔でコーヒーを入れてさ遅刻ギリギリまで上の空で過ごす何でもないような君の言う言葉の一つだけでぼくは落ち込んで一日駄目にするから今日は嘘でもいいからずっと晴れると言っておくれ街歩けば誰の目も見られないよそんな恐い世の中なんだけれども明日はきっと気持ちよくこの道を歩けるように日差しを待ち望もう言葉の一つで気分は落ちるけど今日の予定はすべて真っ白なんだ
百年の恋も千年も経てばわかんないじゃんね各いう僕は千年後だって叶わない残念平行線が反対に反れて交わるのなんて現実味なくて誘惑の方へそそられていくね戻らないうちに鍵をかけてねじゃないと僕は君に期待してしまうから僕はラブミーテンダートロい町のど真ん中読み過ぎたあの漫画の悪い影響かチグハグするだけの恋がしてみたくなったりして仰いだ雲一つない空はblue!!偽りの愛と本当の愛がもうごっちゃになって青春パン
朝日を待ちながらエレキギター弾いてる六年も前に買ってもらったのに別にうまく弾けないのな学生服に守られてはしゃいでたあの頃が懐かしいいまじゃもうきっと似合わないんだろうなコンビニの店員さんが年齢確認してこなくなった時の流れどんとれっとみーだうん身体に悪いただの箱なのにね人の目を気にしてもちっとも進みはしないのさ君が君らしくいることが何よりも素晴らしいから人の波にさらわれて君の背中が彼方へ消えてくいま
お気に入りの自転車や手袋はもう背丈に合わないからって勝手に捨てられてさ新しいの買えばいいよってそういうのじゃないのさベイベーただ悲しかったお別れとか腐りかかってた愛情がいまにも溢れちまいそうさなにも言えなくなってもなにか言おうとするんだよ楽しくないものなんかに君が負けませんように全てのものが愛おしい頭の中鳴り止まないミュージックお気に入りのあの歌を聴くたびに部屋中が懐かしさで包まれてしまったなら俺
そこは天国でここは地獄で僕はそれをうろうろしてまわるみたいです可でもないけど不可でもないというねぇ先生、僕は本当のこと知りたい宮崎あおいとヤりたい何もないくせにそんなことばかり考えてる5弦の3フレット鳴らした時から頭の中をぐるぐる回ってるみたいです6弦の1フレット鳴らせなくてごめんなさよなら先生、また明日会いましょう宮崎あおいに会いたい学校も行かずに同じ空ばかり見上げてるいつまでこんな毎日を繰り返
東京がおまえのこと連れ去っていってしまうよいつしか俺のことも忘れ去っちまうのかい現実とやらに打ちのめされて今日も布団の上で寝転んでバイトまでの時間でオナっているだけ心と身体は背を向けあって時が経つほどに離れていくぜ言いたいことは胸にしまっておくだけ俺はどうしようもないやつでこんな歌ばっかり書いてるいつか大きくなったらおまえの住むまちからでも見えるかな東京がおまえのこと連れ去っていってしまうよいつし
小4傘持ってfly away骨折って 徒競走 走れねぇアフロだけでアフリカ人に間違われスナックバイト勧誘されるショーケン初体験summerday高2の夏 淡い思い出付き合って初日でfuck yeah童貞卒業ハイスクールパラダイス彼女が留学先でサウジアラビア人とセックスしたショックで正兼4キロ痩せるAFRO ITO SHOKEN!!泣AFRO ITO SHOKEN!!泣AFRO ITO SHOKEN
日常に溢れてるくだらない気持ちはSNSに書いて誰かに見せればさどうにかなるでしょう春がやってきて気温は上昇公園でビールを飲んで歌でも歌えばさ悪いことないけどなんだか足りなそうその理由はきっと君がそこにいないから君の好きなバンド俺全然良いと思わんからだから今僕が大きな声で歌って君の不安の全てを消したいのさ笑顔みせてよとてもじゃないけどメジャーデビューできないけど心を込めて歌ったら届くかな君の好きなあ
やっと目が覚めたらとっくのとうに夕方になってしまっていてイライラしてばかりで笑わないのね夏が終わるっていうのに君が曖昧なこと言うからさどれが本当かわかんねぇやわかんねぇや わかんねぇやこのまま僕等は宇宙の果ても見れずに 死んじゃうみたい神様なんて居ないぜ!おかげで産まれた ありがとうここは素晴らしい世界ずっと夢見ていたらロックンロールに愛想を尽かされてしまったからかな甘いチョコレートのその感覚がや
泣いてもいいんだよ 笑ってもいいんだよちっぽけな僕でも誰かへの愛を叫んでいるし優しくなれるようなメロディ歌いたい 歌いたいのさ!1993年はじめて泣いたあの時から空海川山飛び越えて大人と呼ばれるようになって「泣くんじゃない男の子だから」と母は幼い僕に言ったきっと泣き虫な僕も頷いた。今日から過ちを認めよう 認めよう今だけ許して僕が歌うこの3分間だけ泣いてもいいんだよ 笑ってもいいんだよちっぽけな僕で
狂った季節の訪れまちは煌めく僕は靴もちゃんと履かないで財布と鍵だけはもっていつもの道を歩いて行くこのまま僕らはいつまで笑い合えんのって未来の話をずっと考えて気付けば外は明らんでまぁいいやって思ってるどこへだって行けるよ青い風が背中を押してくれんだ終わりなんてまだ言わないで欲しいよ夏が過ぎるのは速いから一瞬の魔法みたいだね風にゆらゆら靡く髪のシャンプーの匂いが忘れらんないよ19時過ぎの夕暮れまちが染
会いたいな 会えないな 切ないな この気持ち言えないの 言いたいの チャンス逃してばかりだって だって 翼広げ二人で空をマラソン 夢をユニゾンしたいほら Catch You Catch You Catch Me Catch Me 待ってこっちをむいて スキだといってそう Nice to Meet You Good to See