語れめでし真心 久しき昔の歌えゆかし調べを 過ぎし昔の汝(なれ)帰りぬ ああ うれし長き別れ ああ 夢か愛(め)ずる思い変わらず 久しき今も愛し小道忘れじ 久しき昔のげにも堅き誓いよ 過ぎし昔の汝(な)が笑(え)まい 人にほめ汝(な)が語る 愛に酔うやさしことば残れり 久しき今もいよよ燃ゆる心や 久しき昔の語る面(おも)は床(ゆか)しや 過ぎし昔の長く 汝(なれ)と別れていよよ知りぬ 真心共にあら
星影やさしく またたくみ空仰ぎてさまよい 木陰を行けば葉裏のそよぎは 思い出さそいて澄みゆく心に しのばるる昔ああ なつかしその日さざ波かそけく ささやく岸辺涼風うれしく さまよい行けば砕くる月影 思い出さそいて澄みゆく心に しのばるる昔ああ なつかしその日