KONISHIKI MUSASHIMARUAKEBONO and TAKAMIYAMAKONISHIKI MUSASHIMARUAKEBONO and TAKAMIYAMAエアコンは切って窓全開にして熱く甘いBreeze吸い込んでNanakuliの切ないSunsetYokohamaはだいたい2PMぐらいだろう日系の粋なお婆ちゃんは戦前のHonmoku生まれひとりKing Street君との思い出が
真夏の夜は踊り明かそうぜハマのシーサイドクラブイカす男と女入り乱れフロアが熱くなるあれはパーティー潰しの輩軽くのして粗大ゴミダンスフロアに戻ればまさかのせつ子が Do The Monkey Dance七里ヶ浜で 出会った日から恋の電気ショックに痺れっぱなしさooh もう2度と会えないと思ってただけどもう遅すぎた 時間は残酷だせつ子!羅府に旅立つ俺の俺の心残りは 茉莉花の香りooh 黄昏の羽田空港 
親戚から貰った ヴィンテージなマイカーカーナビは故障中 たどり着けないま、いいや 霊感やヤマ感が頼りだいつだってこんなさ ふたりの関係は右へ左へ西へ東へ過去へ未来へ逆へ逆へなのにさ狂おしいほどの運転でさ素肌に甘い傷残して修理工場 出す時間はないぽんこつのままドライヴを続行げっそりするほど右へ左へ西へ東へ過去へ未来へ逆へ逆へ右へ左へ*ぽんこつの車で西へ東へ*西浜・東浜過去へ未来へ*ぽんこつの魂で逆へ
俺は行く おまえ泣く テイルランプ残して直線を突っ走る 黒い 黒い オートバイ走れ 夜空の流星のようにたとえ思い出が追いかけてきてもふりむけば昨日に逆もどりスピードを上げるんだ スピードを上げるんだ 流れる涙なんかブッ飛ばすんだ ブッ飛ばすんだ月が笑う 俺は吠える 熱き血潮が燃えたぎる走れ 荒野のシマウマのようにたとえハンターが追いかけてきても走れ 夜空の流星のようにたとえ思い出が追いかけてきても
週末は 君のおうちに押しかけてパーティーだ 君のおうちのガーデンで週末は 旬の食材 持ち込んでパーティーだ 鳥がさえずるガーデンでまばゆい昼下がり溢れる笑顔とサンシャインいい匂い 君のおうちはいい匂いプエルトリコの空港みたいリコリコリコ 恋のトリコ * 恋の恋の恋のプエルトリ娘 * リッチな娘甘い夏の夕暮れ火照った笑顔とサンセット心配なのはいろんな人がいろんな人がここに来ちゃう事こういう時に限って
走る流線形のフォルム それはかの時代の最先端俺は恋のテスト・ドライヴァー時間のフリーウェイ 駆け抜けるパラパラパッパーラパラパラパラパッパーパラパラパッパーラパラパラパラパラパラパラパッパーラパラパラパラパッパーパラパラパッパーラパラパラパラパラ想い出の向こうで 棕櫚の葉が揺らめいているあの頃に聴いた音楽が Brand Newな意味を運んでくる巡り巡って さらに巡り また巡り宇宙旅行までに あとち
昨日は昨日 明日は明日さあ今日は どんな日になるだろう窓を流れる景色はほんの数秒で過去に置き去りでもほらね 続いてるよ俺たちの足跡ガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタンゴトン何処まで走ろうガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタンゴトン予感に任せようガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタゴト ガタンゴトンきっと 粋な出会いとかあるかも人生は気紛れ 思いも寄らぬ出来事に心がとっちらかってもそ
錆びたバイクの残骸蜘蛛の巣の張ったハンドルこんな鉄屑だけど「乗りたい」と言うなら 直すよそんなことより お前に会えて良かった目の前のことだけしか 信じられなかったのにお前だけには何故か 永遠を感じてたいいから乗りなよ あの日の地図をなぞろうぜBABYBABYBABYBABYBABYBABY横須賀までBABYBABYBABYBABYBABYBABYBABYBABYBABY飛ばしてくぜ数年ぶりのタンデ
のっぺらぼう のっぺらぼうEverybodys talking bout のっぺらぼうのっぺらぼう のっぺらぼうBaby, let me tell you bout のっぺらぼうのっぺらぼう のっぺらぼうまだまだ元気だ のっぺらぼうのっぺらぼう のっぺらぼうあなたと二人で のっぺらぼう甘いモノには目がありません鼻を利かせて口コミでゲットの逸品ピンからキリまで食べて天狗になって接近と接近 多幸
宇宙を彷徨う 彷徨う 孤独な孤独なひとつとひとつのSoul出逢いは残酷な 残酷過ぎるBad TimingTimingが全てだな これも運命こうして離れて暮らしてても同じ青い月見つめて同じ気持ちでいれたなら こんなにも何をつべこべ言ってるんだ何かがピンと来ればそれだけで(イイネ!)何でもかんでも愛だの恋だの感じるがままの肉体の交流アッハハハって 吹き飛ばしちゃえよ季節が変われば 季節の食材で俺の身体
月が滲む霧の波止場桟橋で待つ女運命に身をまかせるように携帯を海に捨てたコンテナ降ろす貨物船と愚か過ぎる計画勢いで投げた恋のダイス火傷しそうな成り行きアルゼンチンへ逃避行すべてを捨てて生まれ変わるのもいいわね嘘くさい夢物語朝が来るまであなた あなた あなた信じて百万回騙されたって同じこと繰り返す愛さなきゃ生きて行けない宿命(さだめ)愛と涙を道連れ世間の目は船の錨(いかり)モラルに引き止められてあの海
炎(ほの)るれ 炎るはホノルルBBQさあさみんなみんな集まれ 鼻の下伸ばして炎るれ 炎るはホノルルBBQさあさみんなみんな集まれ 鼻の下伸ばしておれのCARは木目のフォード・ブロンコ 1988クヒオからカラカウワ 買うわTシャツ 88肉もたんまり買うぜ華埠市場(Down Town)おれに野菜はいらないウッフフとアラモアナ モアニちゃんヒップ88ジャンセンの海パンで まるでチャドみたいにさHey歌う
俺なんかヘンこと言ったかな?お前そんなにさ しらけた顔をして見るなよ温いぜなんか活きが悪いぜネタまで腐ってしまうじゃないかあ、それともこれは別れの気配ゴタク並べずに食べようじゃないかふたりのコイの賞味期限はとっくに切れてるかも 分かってるぜ気付かぬふりして それを口に運ぶ喉元過ぎれば「はい いらっしゃい!」胸に絡みつく無念は 熱目の渋茶で灼いて借り物の空間 時間 引き延ばせばいい廃虚になったその画
白いクーペが黄昏の オレンジ色に溶けてくわ逆光線の暗いぽ横顔 無理に微笑む 優しいひと笑っていても わたしはわかるの あなたの胸の悲しみがいいのよ いいの 泣けば いいじゃないかわりに私が運転するわ第三京浜 多摩川を 越えて行くのよ 風のようにこうして二人は禁断の愛の渦の中へ飛び込む覚悟 決めたの白いクーペがやるせない 水銀灯に溶けてくわ強気なあなたの無邪気な寝顔いろいろあって疲れてたのね眠ってい
ワイシャツの赤いキスマーク 知らないよお願いだ 顔にワインをかけないで怒った時の君は嫌いさ 喧嘩はもううんざりだよだからストップ グラスを投げないでウォータープリーズ 話題変えようマスカラが溶けて流れた泣き顔を見てごらん かわいい顔が台無しさ鏡の前で笑い転げる君を強く抱きしめただからプリーズ 甘い 甘い 甘い くちづけを真夜中の冷蔵庫と缶ビール君はもう眠りにつく 素肌のまま臨時ニュースは同時通訳
年式は古いが心配はいらねえよ高性能だからずっと走れるよビンビン MINT CONDITION DRIVEしよう!抜群の走り約束しよう高性能 Brand New Car ぶっちぎってくよビンビン MINT CONDITION DRIVEしよう!EVERYBODYEVERYBODYEVERYBODY
ここに来るはずじゃなかった 予定外の Summer Time麻のスーツ 素足にスリッポン 夜を引きずったままシンガプーラ 猫みたいに股をすり寄せじゃれる女 朝だと言うのに Cha Cha Cha Chaプールサイドに尻向けて その髪に Summer Breezeまるで猫のシンガプーラみたいなしなやかさでルームサービス 夏の終わりが始まる罪な女 君には負けたぜ チェッ チェッ チェッ揺れるモラル こ
香港に着いたのは午後中途半端に目覚めたシート旅の疲れか 軽い頭痛もしているが香港は今日も活気に溢れてる1泊2日の旅旅とはとても呼べない旅それでも胸に強く刻まれるこの場所を訪れる度 心に龍が舞う独り眠れない夜わけもなくこの胸が騒ぐこんな夜はお前のお前のお前の素肌が愛おしい受け止め切れないほどこの想いを鎮めたくて夜中のプールに飛び込んだぜITs A LONELY HONG KONG NIGHT忘れた
どうも苦手だ Partyテンション上がらないんだ急かす電話のベルまったくうんざりだ日も暮れて Garden Poolに甘い Sea Breeze部屋から見下ろせば一瞬で眼が覚めた君は綺麗なアゲハ蝶誰と踊るの? Lady野蛮な問いかけにシカトする間もなく誰かの腕の中そう それは Dance で溶け合う Missionさあ次は俺の番Playboy Style 脱ぎ捨てりゃただの OYA-G に逆戻りBody
どんな美味しい話にもなびかぬ硬派なこのアンテナおっ立て行くぜ Baby出る杭は打たれるって言うが突き抜ければさPop なもんだぜヤルぜ BabyRevolution始めるぜ マジで Revolution外野で騒いでるだけじゃ火に油注ぐだけじゃんじゃん じゃん じゃん じゃん最大の敵は奴らじゃないそれは自分と自分の闘争情報は鵜呑みにすんじゃねえよ知ったかぶりはよ危ないぜ 足もと照らせ BabyRevolution
ガムランの音がループしてる 脳内をクルクル今日からお前 独り占め夢のさらに夢の夢の先の今をどんな感じに? Hideaway朝 目覚めたソファー 届く遠い声プールのお前は T-BACK 姿振り向いて BANZAI してごらん恥ずかしがらずにたわわなフルーツ見せろ ほらフルーツ見せろ ほら ほら ほら ほら朝の珈琲 一緒に飲めるなんてあなたの声だけ聞いて過ごせるなんてサングラス外してコバルトブルーの海
MOTTAINAIMOTTAINAIMOTTAINAIお前の魅力の1/3さえも気付かずにいたのはかなりの大失敗 大失敗他の女のコを目で追うのは昔からのクセなんだこれがまたかなりの大失態 大失態MOTTAINAI あんな女他にはいないMOTTAINAI 世界中の何処にもいないMOTTAINAI 力づくで取り戻したい取り戻したい 取り戻したいMOTTAINAI あんな女他にはいないMOTTAINAI
クルマの後部座席に 小さな夏の忘れ物窓から投げ捨てたけど この胸にこびりつく未練不潔なホテルの部屋で あの夏 お前を抱いた特別 蒸し暑い夜 心まで脱がせずにいた青い海 白い波このやるせない気持ち もうどうにもならない「自分の話はやめて あたしの話を聞いて!」そんなこと言っていたよな 今なら聞いてやれるのに燃える海 荒れる海きっと他の誰ひとり この胸に棲めないクルマを買い替えたのさ 前より地味なクル
喧嘩別れのあの日からもうどれぐらい経っただろうもう一度君に逢えるとは思いもよらぬ出来事さwow wow wowits redhot love again今の彼とうまくいかないそんな愚痴をこぼしてた俺と別れなけりゃ良かったなんて今さら君はずるいぜだけど胸の奥で叫んでいたぜ戻って来いよ 今すぐに彼よりまともな暮らし君だけにmy Baby Baby あげるから今度は君を泣かせない今度は君を泣かせないあ
海沿いを走るワゴンの後部座席の君は屈託のないその笑顔で隣の彼にじゃれる助手席には何も知らない俺の新しいステディ・ガール夏の終わり渋滞のブレーキランプが連なるこれでいいのだ火遊び諦める勇気何も知らないひとりとひとり夏の火照りが 火照りが冷めてしまえばきっともっと自然な笑顔になれるかな夕闇に包まれてワゴンはいつもの街の角へちょっと嫌みのひとつぐらい言ってくれてもいいのにねこれでいいのだSweet Memory
おっさんくさいセダンで宇宙巡りだぜ汗ばむ午前2時京浜工業地帯世界の終わりがそこに迫ったときは餓えた獣になって肉を貪りあうぜ仕事すっぽかすなんてロクなもんじゃながでもそれがどうした一度きりの人生悩ましいな そのお尻がたまらないぜ 触れてたいぜぱっつんぱつん ぱつんぱつんぱっつんぱつん ぱつんぱつんぱっつんぱつん ぱつんぱつんぱっつんぱつん ぱつんぱつんつんつんなんてこの俺狂わすその美尻なんて瑞々しい
長者町で君と出逢ったあれからどれくらい季節は巡ったバンド仕事の休憩時間角の珈琲ショップでお茶を飲んでたチマチョゴリ 花咲く夜の甘い薫りに惑わされてライヴがはねたら 息を切らして君がいそうなあたりを捜したジャージ姿の君を見つけたのは明け方のコンビニだった BABY幻か 君と過ごした日々よ もう一度きっと韓国のどこかで君は暮らしているだろう金浦からバスに揺られて黄昏れてゆく SEOUL の街並揺れる川
チャラチャラ チャチャチャチャラチャラ チャチャチャムジョッコン ムジョッコニヤチャチャラ チャラチャラ チャンチャンチャンネガ ピリョハルッテン ナルル プロジョ オンジェドゥンジ タルリョガルケナジェド チョア パメド チョア オンジェドゥンジ タルリョガルケタルン サランドゥリ ナルル プルミョンハンチャムル センガッケ ボケッチマンタンシニ ナルル
ひと目惚れ 2度目に電話 3度目に恋に堕ちてた1-2-3と順調に来たけど 4-5-6が見えないんだひと目逢った時から 良い予感と嫌な予感が交差して考えちゃって でも逢いたくて仕方なくて回を重ねるごとに知られざる表情みせる最初の印象とは全然違うけど 俺だけが全部知ってる歳を重ねるごとに冷静になってしまうけど毎晩の長電話で 今なら素顔見せれる春夏秋と巡り そして今 Winter Wonderland心
どこにあるのか幸せきっと気付いてないだけだってお前 イイ女今日も女お前は自分の魅力に全然気付いてないのが勿体ないぜでもそれがね いじらしいぜおまえは世界にひとりの女誰にも似てない唯一の女それなのにね 奢らないねお化粧もしないで一生懸命なり振り構わずに一生懸命やることをやるすることをするそれでも誰より光ってるんだ虜にするのさ 不思議な電波俺には見えるメラメラ燃える大変な時代だよね大変な世の中で縮こま