窓の向こうに煙突が見えた今じゃ隣にマンションが建って根岸の海が見れないけれど黄ばんだ壁にキャロルのポスター そんな時代は知らないけれど知らないどころか生まれてないけどなんだかとっても居心地いいのこの部屋はずっと1970’S I’m Sorry I’m Sorry I’m SorryごめんねダーリンI’m Sorry I’m Sorry I̵
俺のChevyはLowriderだから雪の予報が外れて良かった Bay View の丘にはほらMoody Moody Moody Moody Moonlight同じ月見て 誰を想うの? それが俺だったらもしも僕だったら お願いだ My StellaMy Stellaそのまま そこにStay Your HomePlease!!! 服を着替えて 迎えに行くよ Oh Stella My StellaOh
‘65年のムスタングすまして転がす愛玲本当の名前は知らないエキゾチックな謎の女 むっちりデニムのヒップラインむっつり見てるお坊さんセクシー・キックをお見舞い功夫女優みたいな女 愛玲 何処行くの?愛玲 そこは寺だよお線香のけむりTシャツで受けながらなりふり構わず何を祈ってるの? ‘65年のムスタングすまして転がす愛玲誰もその素性は知らない諜報部員みたいな女 愛玲 君の運転愛玲 レーサー並みだお線香のけむり染
息を切らして 長い階段 駆け昇った病み上がりのこの目には 眩しすぎる海さ 早まった退院の 嬉しさより貴女に会えないこの虚しさよ一目でも会いたい あゝ 美しい 素晴らしい 麗しい女医 ヨコスカのハン・スーイン貴女を愛してる そうさ いつもの僕はね 低血圧なんだよ貴女を想えば針を 振り切るこの僕さ あゝ 美しい 素晴らしい 麗しい女医 ヨコスカのハン・スーイン貴女が欲しい チョットマッテ!結婚するってホントかよ
Burning LoveBurning Love夕方から暴れ出すGo toか Stayかthink aboutどうしようドロンの映画でも見る 悪魔のようなあなた 太陽がいっぱい若者のすべて サムライ ボルサリーノ栗色のマッドレーHave Mercy Have Mercy On MeHave Mercy Have Mercy
I need your SoulI need your Soul September 21stあれから10数回の夏が過ぎた そして Singapore暑さにやられて 飛び込んだ酒店効きすぎた冷房 数々の場面メロディーになる 夜の果てから拾った恋が人生狂わす愛を教えた I need your SoulI need your
Na Na Now Na Now NowNa Na Now Na Now NowNa Na Now Nowあいつは今 Na
橋のたもとで 頬杖ついて 何想う お前いいから乗れよ 俺のデボネア 外 寒かっただろう? 箱根から湯河原へ 色づいたかわいい紅葉 夢を見るから夢破れると うつむき泣いたそんな夢なら夢より熱い湯で のぼせてみれば? 温泉郷の排水溝に 流れてく 密の記録 もしふたり 来世で出会えたとしたら 一緒に生きよう この世は闇だ ならば点すさ 心のヘッドライトこのままふたり ひとりひとりの朝 迎えるけれど 言いかけてやめた
ぱらぱぱ ぱらぱら ぱらぱぱ ぱらぱらぱらぱぱ ぱらぱららっぱぱらぱら白砂 指の隙間から はらはらこぼれてった 夏はイヤだよ イヤだよ夏は甘い胸騒ぎ 呼び込むなよ もういいじゃん 衣替えの季節 とっくに過ぎた クローゼット開いてメモリーズ 断捨離しよう そう思った途端 指が止まる ぱらぱぱ ぱらぱら ぱらぱぱ ぱらぱらぱらぱぱ ぱらぱららっぱぱらぱらめくれば 想い出の頁 はらはら涙がね アイボリーのテディ
罪つくりな Summer Wine甘い Cherry Strawberry腰くだける Lips 誰を酔わせる? 紹介された時 ピンと来なくて毒ヘビみたいな Orange の照りのある Lipstick趣味じゃないが科のあるその振る舞いに どうにもこうにも俺お前に予定狂わされた悪い噂 聞こえないふりして命削る恋が始まった たまらないぜ Pacificひとり過ごす 熱帯夜打ちかえす 波音誰の腕の中? だから ららららららら
夢のそのまた夢で 夢見る夢を見た眠って見る夢も もうひとつの世界 苦しいことがあっても 悔しいことがあっても明日の朝 目覚めたら 昨日のことさ だから 素敵な夢見ようだから 夜更かししないでおやすみ 夢のそのまた夢の 夢をコントロールしようイメージしてごらん きっと叶うさ
どんな顔をして 会いに行こうかそれともまさか 有耶無耶ですか? 本当の事を言えば 角が立つけど門松立てて 福を祝うぜ 素晴らしいクルマですまるで気分が違うでしょ見慣れた地元の海が麗しのリビエラ このまま遠くへと飛ばして行きたい気分でしょう疲れたならこの僕が運転 交代するよ どんな顔をして 会いに行こうかそれともまさか トンズラですか? 嘘も方便だったら ビルも建つけどそれが出来ない 不器用な人 結婚を前提に 
色んな国のコンテナが行く通り過ぎてはストロボするサンシャイン乾いた道端 煤けたたんぽぽ狂った真昼の産業道路 パートに出かける 母の背を恨めしく見送った 日曜の朝のような 感謝は石に刻み 恨みは河に流す 色んな色のコンテナが行く通り過ぎてはストロボするサンシャイン灼ける道端 煤けたたんぽぽ狂った真夏の産業道路 アパートを出ていった 母の背を恨めしく見送った 日曜の朝のような 感謝こそすれどもう 恨む気持ちなん
why do you like it so much * cars!!why do you like it so
愛した女は 場末の Angelネオンの川面に 儚く滲む投げやりな微笑み お前と俺とは似た者同士互いの明日は訊かない闇の性を抱きながら絵のように絵のように絵のように 眠れ 絡みつくハマ風 お前と俺とは似た者同士刹那の火花と散ってもなぜに印を欲しがる黒い花びら密やかに密やかに密やかに 散らせ
ムチムチ 革の上下ワイルドな女ライダーエッチな夜風が撫でまわしてるぜ パツパツ 黒の上下革一枚剥ぎゃ全裸ジッパーだけがモラルの境界線 夜の果ての果ての果てで出会いたいね黒いボンネビル ボンネビル ボンネビル ホンダ ヤマハ スズキ カワサキハーレー ノートン メグロ モトグッチドカティ ヴィンセント MV アウグスタ スピード狂時代の 恋は命がけ試乗してみな 欲望っていう鞍に跨る罪な女黒いボンネビル ボンネ
ドライヴ中のリスナーに贈ろう“The Highways Of My Life”アナログシンセの音色があの頃に連れ戻す 甘く妖艶な 夏の風の手招きにあれもこれも 失くしたチンピラ 港の仕事にあぶれ 燻ってた突然 女神のように現れたお前さ “俺は人に裏切られたことがない人を人を信じたことがないから”なんて強がりさえ お前にはネタバレ2人は笑った 馬鹿みたいに笑い転げた2人は… Marvin とTammi 在りし日の“A
夕方5時から 生まれ変わるFunkadelic のシャツ着て行くぞぽんこつアメ車に 自由を乗せて能天気な街へと滑り出せ もう沢山だっていうくらいにFunky な毎日が欲しい儲かってるときゃそれも Easy落ちる時にはとことん落ちる Pacific 沖に浮かぶあの貨物船はAmerican President LinePacific 10代の頃に憧れてた Get しろ! 笑える毎日をドルの相場なんてアテにしないでGet し
旅の恥はかき捨て 弾丸旅行です安くて美味しい ご飯が食べたい 陽ざらしの街並みは 既視感の連続蒸し暑い風に 胸が騒ぎます 南国列車に揺られ 気ままな逃避行夢と現実の間を 彷徨うみたいに 椰子の葉影に 夕陽が瞬くあなた忘れる 街まで運んでよ 夕暮れの海沿いは 強烈な孤独さ虚ろな胸でも 人肌恋しい 南国列車は走る 目覚めれば夜車窓に映るドラゴンの ネオン儚げに 椰子の葉影に 青いお月さまあなたの面影 何処まで付き
酒店(ホテル)の窓から 見下ろす街は赤と金に揺らめく 目眩の世界亜州(アジア)の旅から 戻って来たけど此処に寄れば旅情 まだ続いてる 中華街のネオンが 滲んでるのは旅の疲れのせいじゃない上海で喰い忘れた 上海の蟹大丈夫だ 此処で喰えるヨ 中華街 中華街 中華街 中華街中華街 中華街 中華街 そんな中華街 此処から15分で本牧なのにわざと立ち寄るのは 気まぐれじゃない蠣油(オイスターソース)香る路地に響く
忘れはしないよ あの季節を笑顔の写真は 嘘つきだな さざえの貝殻 耳によせりゃきらめくあの夏が蘇る 永遠に続くものと 信じて疑わなかった呆れるほど 暑苦しいほど 傍にいたのに 夏の日よ 夏の日よ何もかも奪い 去り行くのか メニューにないもの 頼むのやめよう居抜きの喫茶店 知らぬ顔 鎌倉は昼下がり 日傘の花咲く路地陽炎の向こう側に 幻影を見た 夏の日よ 夏の日よ抜け殻だけ残し 去り行くのか 心は叫ぶ 荒波のように
お前 香港行きジェットで 実家に帰ったよ外はミンミン蝉しぐれ ひとりぼっち 世界は不気味に動く 上がったり下がったり情緒不安定な Soul 株じゃないぜ 昼飯は簡単に 麺でもなんでいい何がどこにあるやら ひとりぼっち 夏はざわめく 勝手に人の気も知らないでいっそ香港に行けば良かった薬缶が悲鳴あげてる 干からびた 黄色いビートルで夏の尻尾 捕まえに行こう 夏は暮れてく 勝手に人の気も知らないでもっと海に行けば良
色んな色が色とりどりに 派手に色づく頃エルヴィスみたいな笑顔を見せて渚に訪れた 真夏のパラレル・ワールドヴィンテージなタイムトラベラー時代を自由自在に半透明の男 * 現る 太陽がいっぱい失われた夏の日がここに蘇る愛しさ やらしさ すべてお見通し脱ぎ捨てろ パンツも嘘も 身軽になりたいよね?あるがままがいいだろ? エルヴィスみたいに口角上げて 真夏のパラレル・ワールドリーゼントのタイムトラベラー歪みの彼方から現れ
黄昏の港湾 気にすんな無礼講自分で栓を抜いて ワイルドにラッパ飲み いらっしゃい ヒゲのおっちゃんビールちょうだい ビール自分で曲選んでKARAOKE International 港の男と港の女が港のスナックノリノリノリノリ 汗だくのおっちゃん脂ぎったほっぺ港湾労働トワイライト千切れるほどシャウト 飛ばしてるね おっちゃんいいからもっとビール自分で曲選んでKARAOKE International 世界の男と世
ハーバーライト仄暗く 夜と朝の間にてカビた匂いの客室 甘く危険なルームサーヴィス 戯れる膝と膝 互い違いに揺れながら生バンドの演奏も シェルルームの明かりも消えた Night Table 外した指輪気の抜けたビール 腐ったオイルサーディン滲みを呼び込む VIDEOTAPEMUSIC消すに消せない Tattoo と Kiss の跡 別れの言葉も 霧笛にかき消されてあゝ プライドも魂も 売り飛ばしたぜ Yokoham
Setsuko Mariko Fujiko SachikoNaomi Beyonce Alicia Suzie Wong 街ゆく女 女 女 女はいっぱいいるが Setsuko Mariko Fujiko Sachiko 君みたいな 女 女 女女に出会わない Naomi Beyonce Alicia Oh!
お、ベイベー お、ベイベー お、ベイベー運命なのか ま、ベイベー カレンダーをめくる度 * 溜息つくお前の背中が * 哀しくて壊れてしまうほど * 抱きしめた灼熱のマニラ・フラワー ふたり隔てる海が狂おしく今 燃える sinungaling sinungalingParang tanga iyanAko Ikaw Mahal kita 胸に光るロザリオに愛を誓った それなのに それなのに * 残酷な現実がふたりを
粋なMIDNIGHT BLACK俺のCADILLAC皮のコートに葉巻咥えてゆっくり転がせばまるでGANGSTAじゃん 根岸CLUBでチャーリー(宮毛)拾って通りすがりの女も乗せて定員オーバーの派手なDRIVE DRIVE DRIVE なんて愉快な俺のSATURDAY NIGHTなんてイカした MY BLACK CADILLAC MIDNIGHT MIDNIGHT BLACK CADILLACMIDNIGHT MIDNIGHT
特別な出会いって何?特別な出会いって何?出会いって何?出会いって何?そのワケがわからない 君と僕の出会いのワケ僕と君の出会いのワケ恋に堕ちたワケ恋を捨てたワケ何もかも謎だらけ 飲んで飲んで飲まされて酔って酔って酔っ払って記憶しどろもどろで抱いて抱いて抱きしめて燃えて燃えて燃え尽きて足がつるまで あん 初めての朝 朝の二人は得体の知れぬ男と女 飲んで飲んで飲まされて酔って酔って酔っ払って記憶しどろもどろで抱
歯ぎしりの夜を超えてなんでもない朝 ホッとしました 毎・月・火・水・木・金 疲れるねでも起きなきゃ次が始まんない Hey 実はね 愚痴の背中に隠れたヤル気っていう奴が 抑え切れず しゃしゃり出てはバスや電車の隅を照らすサンシャインそんな人間になりたい 朝イチの空気は美味いねいまイチの目覚めだとて 毎・月・火・水・木・金 ゴキゲンだぜなんて無理してるとこも可愛いね 平日はね 平らな日とは限らない予期せぬキラーパ