涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ誰も気付いてはくれないだから あなたの涙を僕は知らない絶やす事無く 僕の心に灯されていた優しい明かりは あなたがくれた理由なき愛の灯(あかし)柔らかな日だまりが包む背中に ポツリ 話しかけながらいつかこんな日が来る事もきっと きっと きっと わかってたはずなのに消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる掌じゃ掴めない 風に踊る花びら立ち止まる肩にヒラリ上手