ゑゐゑん、可憐 – クラムボン

長屋通りにゃ 華のようにパッと咲く ばんから傘
俄に雨かい? 風鈴 下駄の音 跳ねてカランコロン
七つ下がりの雨と道楽は なんとやらかんとやら

長屋通りにゃ 鶯の鳴く花街が或るの
暗渠に沿って それはそれは見事な枝垂れ柳
お猪口 ちょこちょこ 女にうつつ抜かす男たち

瞞し、冷やかし、およし、如何さま、明からさま、ざまぁ
神さま、仏さま、旦那さま、さぁさ、さぁさ、おあがんなさい!

晴れや化、艶や化、そら、よゐよゐ、よゐなっせ
白粉、紅ひいて、別人になりなっせ
あたしゃ、ゑゐゑん、可憐、そう、華咲か娘よ

長屋通りにゃ 号外より速い 噂が走る
色恋 もつれ 借金 あれあれ お気をつけあ~れ
隣の隣の隣んちまで なんもかんも筒抜け

二進も、三進も、天で、行きゃしねぇな、ったくちきちょう
分けまえ、建てまえ、おいら、また割食っちまったみたい
瞞し、冷やかし、およし、如何さま、明からさま、ざまぁ
神さま、仏さま、このざま、ざま、ざまぁ、黙らっしゃい!

晴れや化、艶や化、そら、よゐよゐ、よゐなっせ
唄えや、をどれや、おざしき、かんざし
あたしゃ、ゑゐゑん、枯れん、そう、華咲か娘

胸のうちなんざぁ、無闇矢鱈、見せるもんじゃない
野暮だねぇ、あんた、此処ぞって時まで、そっと仕舞っておきな

晴れや化、艶や化、そら、よゐよゐ、よゐなっせ
白粉、紅ひいて、別人になりなっせ
晴れや化、艶や化、そら、よゐよゐ、よゐなっせ
唄えや、をどれや、おざしき、かんざし
御託並べたって、そう、しみったれんじゃないよ、そうだろう?
あたしゃ、ゑゐゑん、可憐、華咲か娘よ