あれは二月の 寒い夜やっと十四になった頃窓にちらちら 雪が降り部屋はひえびえ 暗かった愛と云うのじゃないけれど私は抱かれて みたかったあれは五月の 雨の夜今日で十五という時に安い指輪を 贈られて花を一輪 かざられて愛と云うのじゃないけれど私は捧げて みたかったあれは八月 暑い夜すねて十九を 越えた頃細いナイフを 光らせてにくい男を 待っていた愛というのじゃないけれど私は捨てられ つらかったそうして