春に微熱 – クボタカイ

燃えるような憂鬱も 夜明け頃嘘のように晴れ
お気に入りのシャツも 良く乾いてるみたいで oh yeah
勿忘草と公園 風に揺れるブランコの上
たおやかな あなたの手 少し浮わついてるその声

綿毛の行方 私の知らぬ おまじない 「スキ、キライ、スキ」
渡した言葉は 大した事ないけど どうぞ 受け取ってよ

胸が溶ける様な小春日和に 良く似た横顔が消えぬように
恋する惑星に幕が下りる このまま誰にも触れられないわ

少しだけ気怠い体 la da 大きなあくび を吐いて
陽のあたるベンチでダラダラだ 忘れたフリでも OK
なんだか頭が働かない 都合の良い終着点
目があってクシャって笑ったから なんだか どうでも良くなってる

綿菓子雲と私の知らぬ 物語 「スキ、キライ、スキ」
渡した言葉は 大した事ないけど どうぞ 味わってよ

胸が溶ける様な小春日和に 良く似た横顔が消えぬように
恋する惑星に幕が下りる このまま誰にも触れられないわ

風邪引いたみたいだ こんなことなら 馬鹿でいたかった
パステルピンクのネイルから てんとう虫は見ていた
白い恐竜の眼になる為に

胸が溶ける様な小春日和に 良く似た横顔が消えぬように
恋する惑星に幕が下りる このまま誰にも触れられないわ