夜更かししては今日もまた眠い目をこすりつつ駅に向かって駆けていく間に合いそうにないスマートに生きられなくとも手にしたいもの手にしていくあきらめるもんか!都合よく綱渡りして暮らせよDay by day遊び盛りも通り過ぎ9時5時いやすでに9時赤 青 黄色 ビルの街帰り道 一人きりどこで落とした僕の夢 欲望に盗まれた代わりに手にしたものはそう 嘘の上手なつき方スマートな心目指して手にしたいもの譲ったって
降り出した雨の中を 一人きり歩いてく泣けない僕のかわりに この空は泣くのだろう住み慣れたこの街から 旅立つ日が来たこと君は知らずにいるだろう 僕は歩みを止めた忘れないよ 君のこと何千もの思い出をさよならは永遠より向こうこの誓いを伝えようあじさい咲く街角で かたつむりを見ていたそんな君が振り向いて 僕は笑えなかった不思議そうに君は傘を差し出して微笑んだその姿が愛しくて 君が少しにじんだ忘れないよ 君
続いてた雨を寝過ごして目覚めた午後に遠くから 夏を呼ぶ セミの声がしてた夏祭り前の川原を通り過ぎた時に日が落ちて 気がついたら よみがえる 君との夜映し出せ幻終わらない花火上がれ光浴びて笑った横顔を忘れないよ寝付けない夜更けに二人抜け出した公園で今一人 目を閉じたら よみがえる 秘密の夜映し出せ幻風に揺れた線香花火光落ちて 闇の中よりそった君はいない映し出せ幻終わらない花火上がれ光浴びて笑った横顔
(LETS GO!)いったいどうすればいいんだって、背水の陣だ魔法も奇跡もないんだって、今思い知ったんだNONONONO!こじあけんだ、ろう。頼りない武器でもいつだって乗り越えてきたんだ弱みに付け込む強さなんて持ち合わせちゃないぜNONONONO!それでいいんだ、もう。別にほら勝ち負けで未来まで汚されやしないさだけど今、負けたくない、負けたくないだからこそ正面から精一杯 立ち向かって精一杯 支え
ずっとずっと 記憶のどこかにしまってた幼い君と長い夏休み夕暮れ時 口ずさんだメロディ何もかもが美しくただ僕らを包んでた君は覚えているかい?「いつかきっとまた会えるよ」とつぶやいた笑う君と僕の照れ隠し冬と春の入りまじったメロディ何もかもが美しくただ僕らを歩ませた君は夢を見てるかい?過ぎ去った時は 二度と戻らないだから今 生きるのさ過ぎ去った時は 二度と戻らないだから今 生きるのさ君は今もまだ 二人で
夢見る君はまだ 生まれた街で落ち込んでは朝陽を見て眠る夢かなう街僕は 先に来たけど出来ることは歌うことくらいしかない「信じてるよ 僕は信じてるよ 君の力を愛してるよ 僕は愛してるよ そのひたむきさをキミはキミ 負けないで…」夢見るたび僕ら 傷ついてしまうけどあせらずまた歩き続けるしかない「信じてみよう 強く信じてみよう 超えてきた日々愛してみよう そっと愛してみよう その不器用さもキミはキミ その
離れていく僕らをかもめの群れが見ている岸でずっと手を振る君がかすんで消えていく新しい何かを探しにいくこと誓い合えた奇跡を胸に手にしたすべてを投げ出す勇気でただまっすぐに光のほうへどこまでも続くこの世界でまた会える日が来るから負けないできっと夢を手にしていよう波にのまれても 笑いながら二人歌ったメロディこれからもずっと風に乗せよう朝もやの涙でイルカの群れを見たんだ描いていたアーチが僕を夢から連れ出し
鳥たちが目覚める朝郵便受けがカタンとうなずく身震いして蹴り出した毛布を寄せるすやすやと寝息をたてる君はまた寝返りをうつそのリズムも今ではすっかり覚えた何度でも何度でも離れては戻った何もかも もう 何もかも うまくいきそうなそれはよく晴れたある朝のひと時君を包んでたある朝の光です目覚ましがどこかで鳴っているその隙にキスをしたら左手の薬指をつかまえるなんだかさ ほらなんて言うかさ うまくは言えないな何
ため息がまた「風になるよ」とそっと手を振り消えた頑張るだけの空回りよりずっと キラメク力君に会いたくてほら君に会いたくてほら今ぐっとペダルこいで行くいつもの坂道を越えたら笑っちゃう程おかしな喜びで行くよ一人ぼっちでは気付けない光ずっと 溢れていたんだなぁ日陰の花も咲かせてしまえそうだよ不思議な力君に会いたくてほらすぐに会いたくてほらいつだって自転車で飛んで行く秘密の裏道で大声で歌っちゃう程こぼれる
もうずっと君とは会えない僕はさよならもしまったでもきっと振り向いてしまうねどこかでまだためらっているんだ気づくといつも君の声が僕を導いて迷いも打ち消していたこれからはずっと一人で進んでいくのかな神様 声は聞こえるかい?僕は幸せと思いたい僕は不幸だと思いたい僕は一人じゃないと思いたい僕は孤独だと思いたい僕はこのままでありたい僕はこのままでいたくないこんな矛盾を抱えてる僕を許してほしい描いていた美しい
ストーリーのスタートはいつでも気づかぬままに通り過ぎるけどハッピーなエンドはいつでもうまくいかずにビューティフルフェイドアウトセオリーとステップはなんだかがんじがらめだなって思ってるドリーミーなジョーク一つでここに呼び寄せられたなら見え透いた嘘も 構わずに飲み込んでしまうほど会いたくて 何もかも飛び越えて光届けて見せたかったのにその胸の中に秘めた寂しさにさえ触れることもできず描いてるフェイドアウト
Is this the real life-Is this just fantasy-Caught in a landslide-no escape from reality-Open
涙くんさよなら さよなら涙くんまた会う日まで君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ君無しではとても生きて行けそうもないだけど僕は恋をした 素晴らしい恋なんだだからしばらくは君と会わずに暮らせるだろう涙くんさよなら さよなら涙くんまた会う日まで君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ君無しではとても生きて行けそうもないだけど僕のあの子はね とっても優しい人なんだだからしばらくは君と会わずに暮らせる
いつも いつも前を見て 笑顔武器に突き進め消えそうな光集めて 下書きの未来照らせば虹1つ 希望7つ 青空の向こうまで限りないこの未来を君の手で描くのさどんな闇に紛れても 心に光はあるからヒカルミライはいつでも ヒカルミライは君の中強く願いを声にして 思い切り叫ぶのさOh Yes Oh Yes そして今はいつもどおりふざけ合い 涙 すべて 笑い飛ばせはぐれそうな世界の中で 結び合う心の糸がまた一つ 
トゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥートゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥートゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥー・トゥー夕焼けの空 手を振る子供ら力強く漕ぎ出したうしろ姿その先で君は何度もつまづくそれでもとても大きな夢を見るだろうトゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥートゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥートゥール・トゥ・トゥ・トゥ・トゥー・トゥー・トゥー夕焼けの空 手を振る子
降り出した雨の中を 一人きり歩いてく泣けない僕のかわりに この空は泣くのだろう住み慣れたこの街から 旅立つ日が来たこと君は知らずにいるだろう 僕は歩みを止めた忘れないよ 君のこと何千もの思い出をさよならは永遠より向こうこの誓いを伝えようあじさい咲く街角で かたつむりを見ていたそんな君がふりむいて 僕は笑えなかった不思議そうに君は傘を差し出して微笑んだその姿が愛しくて 君が少しにじんだ忘れないよ 君
絵に描いたようにたたずむ君が僕の車に手を振るスピードダウンしてドアを開けたら始まるよ二人のドライブたいして弾まない会話をうめるミュージックが空へ飛び出す窓の外見てないで 僕を見て話してつまらないフリもうしないでいいよつよがりドライバー ハイスピード風切りスナイパー ハートを撃て!恋するドライバー 今はまだあせることないさ 思いを秘めて進め!ちょっと素敵なランチを探してちょっとおしゃれなカフェにする
はてな? はてな? 誰だろう?僕は はてな? はてな? 誰だろう?考えてみたって 答えなんてでないさほら 僕は僕 だもう絶対迷わない!いつだって楽しまなくちゃ!腐っちゃうんだ!絶対いじけない!いつだって愛を叫ぶんだ Oh Ohふさいだまま見てみぬフリのあの2ヶ月ベランダから投げ捨てた!ダメだ ダメだ なぜだろう?僕は ダメだ ダメだ なぜだろう?悩みつかれたんだ答えはいらないやほら 僕は僕 だもう
ふと見上げる どこまでも青い空僕は今日 あの向こうへ行くんだなずっと夢見てたんだちっちゃな子供の頃からいつかきっとロケットに乗ってあの輝く月へと旅立つこと予定してた 午前9時 飛び立つんだきっと君は 見送りにこないだろう長い長い任務だから ずっと帰ってこられないんだこの星で出会えたこと きっと忘れないから笑っていてさよなら僕は今 夢と飛び旅立つよ君を幸せにできないんだ他の誰かと出会っておくれでも今
Butterfly 白い羽広げ どこへ行く?でももしかして君から見れば 僕だってそうかもねButterfly 愛を探す旅をしてるんだろう?寂しい君は風と踊る 一人きりだって素敵なダンスだよ僕も君も同じさ悲しくても悲しくても飛び続けるButterfly 風の強い日には羽を休めて黄色い花 蜜を吸ったら花びらに隠れて 涙すればいい僕も君と同じで飛べなくなる 飛べなくなる 日が来るからButterfly 
これで何度目だろう 忘れかけてたような気持ちさ名前が知りたいとか ほんの少しでも話したいとか間違いなく今僕は君に恋をしたよ 恋をしたよ だからきっと胸がドキドキドキドキドキドキしてる ずっといつの日か 二人きりで いられたなら桜も散り始めて どれだけ言葉を交わしただろう何を夢見てるとか そんな話ができたらいいのに間違って恋に落ちた君と目が合えば ただそれだけでいつもキュッと胸がトキメクトキメク ト
笑えベイビー そこの君さ聴こえてるんだろう? ポップミュージック踊れベイビー 恥ずかしそうに それこそがポップミュージック時代遅れな気がして着ないような洋服もかさね着してみたり 着こなし次第でGood!それこそ今ほら僕が歌う この歌もそうだよ聴いたことあるようなメロディだって思うでもいいんだ いいんだ これが僕のミュージック笑えベイビー そこの君さ聴こえてるんだろう? ポップミュージック踊れベイビ