忘れた事はない信じ 守るべきは 一体 何かと負けを知らぬ姿 未来図を重ねた 憧れ追いかけた背中 裏切りに消えたあの日誰より強くなるのだと 固く誓った貫く聖義 守る為に放つ雷(いかずち)手加減などしない今は まだ潜めた思いを乗せた 誓いの証明疑う余地はないいつの日も変わらず そうだったように押し殺し続けた この声も必ず届くと沈黙を破り 共にいた日を 再びこの手に取り戻す時を 強く願った不屈の信義 た