夕暮れとギター – ギターパンダ

夕暮れが今より赤く思えた頃
鼻歌まかせの帰り道自転車

ルーを入れる前のカレーの匂いに
期待していたらシチュウだったみたいに

がっかりとは違う予定外のトキメキ
そういう感じでギターを選んだ
ギターを始めた

ブラスバンド部が練習している
赤い夕暮れの放課後に響く
それが儚ささ あの頃の僕に
そう 伝えたい

夕暮れ色のギターを持って
今夜君の町へ 歌いに行くよ

君の記憶の 片隅にある
モノを少しでも書き換える事ができたら

コメディ映画の悲しい場面で
僕はつい 涙を流した
それが真実さ 今の僕は
本気でそう思う

道化者の悲しみを誰かに
見破られてもこの胸の中に夕暮れとギター

ブラスバンド部が練習している
赤い夕暮れの放課後に響く
それが儚ささ あの頃の僕に
そう 伝えたくなる

夕暮れとギター
夕暮れとギター
夕暮れとギター
この胸に