畢生の荒波をゆけ — キンベエ(小西克幸)

あてどなき旅 楽園求め
迷いながらも止まることなく

舵を握った その手が掴んだのは
黎明か終焉か

嗚呼 風立ちぬ お前の空へ
委ねられた 翼広げ
希(こいねが)う想いが本物なら
真っ直ぐ突き通してゆけ ブレずに さあ

嗚呼 灼熱の心燃やして
凍てつくような 闇を払え
茨(いばら)の道さえも 越えて行ける
信じ抜こう 自分自身を

真の強さは図り切れない
細く小さな器へ宿す

行方を決める 指針へ触れたらば
ひたすらに進もうか

嗚呼 激浪(げきろう)へ抗(あらが)う姿
轟かせよ その光を
残響掻き消すように 上げた声は
導きの力となる 必ず さあ

嗚呼 星月夜 迷いを照らして
眩しいほどに 放つ閃光
望んだ未来へと伸びる橋を
どこまでも渡ってゆこう ずっと ずっと…