機械仕掛けの籠の鳥 夢の淵時の記憶が夜に抱かれる羽をもがれて笑ってる青い蝶鎮魂歌でも用意しようかそんな目で見られたら見透かされそう死臭で冷えた体 暖められてく魔性の天使 乾いた肌に沁み込んでゆくざわめき魔性の天使 不協和音の果てしない狂気 眠らせて光る水泡に暗闇が溶けるならこのまま君と笑っていたい預言者が語りだす樹海の寓話が幻夢に変わるなら 神話が生まれる魔性の天使 カルマが踊るその眼開でつぶやく