時雨る雪と花つぼみ — キラキラ

降り出した ぽつり 手のひらに
躊躇してる 想いが
顔に出す事が出来るなら…
誰も知らない天気予報

世間知らずでもここで
巡り会えた事は奇想天外
短い裾丈
凍てつく声が 空 響く

時雨雪は 白い鈴音
想いひたすら 溢れる粒
今は泣かせて 君の手の中
春の陽を待つよ
芽吹きゆく つぼみ魂

慕う程 当たり前すぎて
頷くだけ 気づいて…
信じ抜き大和撫子は
騙される事 悔やまない

貫く覚悟に怯え
隠してる雫は無垢な結晶
日差しを 浴びれば
煌めき溶けて 空に舞う

枝垂れ桜 ひたむきでいい
君は絶世 麗しいよ
時に花びら 風に揺らしては
春の陽を目指し
芽吹く希夢 つぼみ

春の手前 最後の雪が降った

時雨雪に 隠した心
君と僕 空との共鳴

時雨雪は 白い鈴音
そっと剥き出す 枝を包む
枝垂れ桜 慎む強さで
芽吹かせたつぼみ
咲かす為に 今は只 濡れて