花の香 – キタニタツヤ

生ぬるい土の匂い
靄がかった視界の奥に
あなたの横顔
鼻先をくすぐる
湿っぽい夜の芳香で
くらくらしたんだ

傾げた首、潤んだ目
はだけた肩に刻んだ青
紗幕の奥に潜んだ
やわ肌の上を

流れていく赤色に魅入られてしまった
汗ばんだその首筋に指を走らす
濡れそぼった花の香で緩んだくちもとに
垂涎 息を呑んだ
何もかも奪ってしまえたなら

薄闇に紛れて
垣間見た視界の奥に
踊る花一つ
帳を少し上げる
ガラスの眼に狼狽の色
壊れそうだった

傾げた首、潤んだ目
はだけた肩に刻んだ青
伸ばした手で触れた髪
かんざしを抜けば

その頬には紅色が頼りなげに点した
燻らせた紫煙の行方に不帰の影
ひたに揺れる花の香で誘われた先に
散瞳 目が眩んだ
その頬に光った滴一つ

茹だる夏の街灯、虫が集る夜に
ほどいた髪、濡れ烏 艶やかに香った