泥中の蓮 – キタニタツヤ

生まれた時には終わっていた
この悪い夢はいつまで続くのか
油の浮いた水面にボウフラが湧くように
群れを成した

押し付けられた不条理の中
逃げ出すことさえ怖くてただ
微睡んでいる

あらゆる悪意を吸い取って生きて
誰一人に愛されず愛すことも無くて
背負った憎しみで僕らはいつから
眠りこけた睡蓮のようだ

生まれた時には終わっていた
泥濘みに足をとられてもがいていた
傍らをふと見遣れば
蓮が笑うように揺れていたんだ

ずっと醒めない悪夢の中
いつまでもこの夜の闇が明けないまま

あらゆる悪意を吸い取って生きて
誰一人に愛されず愛すことも無くて
濁った泥中で僕らはいつまで
咲き方を知らずにいるんだ

光のない場所で萎えてうなだれた花びら
醜さゆえ疎まれたその種が肥えていく

あらゆる悪意を吸い取って生きて
誰一人に愛されず愛すことも無くて
それでも暁が僕らを照らして
白く染まる日を待っているんだ