悪夢 – キタニタツヤ

現実か夢かわからないままの歪んだ視界
四つ這いで呻く
濡れたコンクリート
時間の感覚が無い

見苦しくも嘔吐いて
腑溢れ出した
なぁ、ここはどこで俺は何をしてる?
萎びた草として時が経つのを待った
無意味に晴れる空
まだ俺は動けないんだ

「止まない雨など無い」?
まだ終わらない悪夢を見てんだよ
ご覧の通り、救いが無い
背にアスファルトこの様は何だ?
あーあ

畜生も食わない末枯れの生が腐れていく
燦々と注ぐ太陽の光さえも
得てして平等じゃない

燃える火に包まって
焼ける肺に喘いで
この苦しみから未だ逃れられず
雨降りに凍えて
自分すらも憎んで
無意味で無秩序な悲劇を生きろと強いられてる

「止まない雨など無い」?
まだ終わらない悪夢を見てんだよ
ご覧の通り、救いが無い
背にアスファルトこの様は何だ?

ねぇ

「明けない夜など無い」?
ならこの俺を今すぐにでも照らしておくれよ