パノプティコン – キタニタツヤ

どうなってんだよこれ!
鉄柵の奥の道化を笑ってたはずが
目を覚ましたら自分の番なんてさ、笑えないね
斬奸状は後回し
誰も彼も正義を持て余している
青白い顔の群れは怯えた眼をしていた

切り離されて人肌を忘れてしまった僕らの
心がいつか機能不全を起こしてしまった

七十億と少しの孤独が寄り集まって
猜疑心だけが募って、この手は冷え切ってしまった
パノプティコンの向こうで歪んだ笑い声が聞こえる気がした
排気ガス塗れの僕らの頭上、救いの糸は無いんだ

善意でできた道がどうやら地獄の方へと続いてた、なんて
ずっと前からわかっていたんだ
無邪気さゆえ手がつけれないんだ

孤独を自ら招いて自壊する
致命的なバグを抱えた僕らの業は
百年足らずじゃ清算できないね

もつれた足で彷徨うことを止め、地下室へ逃げても
テレスクリーンから無数の眼に覗かれているんだ

七十億と少しの孤独が寄り集まって
誰も信じれなくなって、温もりを忘れてしまった
パノプティコンの向こうで歪んだ笑い声が聞こえる気がした
蓮の花の上に座した悪意
蜘蛛は潰されていたんだ

正義の奴隷になって些末な悪に火を放っていた彼らもまた、
ガス室へ消えていく
どこから見ているの?
きっと途方もない悪意を孕んでいるんだろう?

七十億と少しの孤独が寄り集まって
猜疑心だけが募って、この手は冷え切ってしまった
パノプティコンの向こうで歪んだ笑い声が聞こえる気がした
誰かがあの蜘蛛を徒に踏み潰したその日から
排気ガス塗れの僕らの頭上、救いの糸は無いんだ