冷たい水の中で – カルナロッタ

なんとなく過ぎた日々を思い返してはまたため息ついて
まだ見えない未来には不安を感じていた

どうしてこんなに僕と君は違うのか

華麗に舞う君をただ静かに見ていることしかできずに
歓声の中埋れて行く僕は誰なんだろう

想いや時間に今日もまた追われて行く

空を羽ばたく君に憧れて手を伸ばしてみても
カッコ悪く宙に浮かんですぐに落ちてしまう
見せかけだけの小さな翼じゃ君に届かなくて
僕はまた空を見上げた 冷たい水の中で

こんな遠い場所からでも君のことは嫌なほど見えてるのに
君から僕を見つけることはできないだろう

言い訳を盾にして自分を守って
強がりを武器にして立ち向かっていた
喜びも悲しみも自分の都合のいいように並べて逃げてた 僕は

悔しい気持ちが空回りして僕の吐いた言葉
情けないその言葉がもう答えを出していた
見せかけだけの小さな翼じゃ君に届かなくて
いつの日か負けない程の本当の翼で羽ばたいてみせるさ