TOY BOX STORY – カミナリグモ

キミがいないだけの素晴らしい世界で
キミがいないだけの物語は続いて
いつもの空の色 季節も自動で変わる
テレビでは耳慣れない国のニュース

何も変わらない キミがいないだけで

どこにいてもすぐに僕を見つけた
キレイでまっすぐな眼差しで
玩具箱みたいに きらきら輝いて
無邪気に笑うキミが大好きだった

僕の知らなかったキミの涙とか
僕の知らなかったキミの傷跡や
抱きしめられなかった キミの弱さとか
役立たずの言葉 キミをすり抜けた

意気地のない僕は 途方にくれるだけで

ずっと夢を見てる キミの隣で
つないだ手はぎゅっと離さないで
観覧車みたいに ぐるぐる転がって
無邪気に笑う日々が続くふりをした

あの日と同じ色で街を染める夕暮れ
あの日と同じ音で街に響く列車

何も変わらない キミがいないだけで

どこにいてもすぐに僕を見つけた
キレイでまっすぐな眼差しで

ずっと夢を見てる キミの隣で
つないだ手はぎゅっと離さないで

玩具箱みたいに きらきら輝いて
無邪気に笑うキミはどこにもいない

大好きだった