爛漫 – カネコアヤノ

こないだ夜道をあるいていた
発光してる 赤いみのり
熱でうなされて見た夢は
東京の空 ピノキオの星
枕元で女神が抱き寄せてくれた
わかってたまるか 涙が溢れる

お前は知るのか
季節の終わりに散る椿の美しさを
身体が火照るような赤、赤、赤い色
ぼくの心の様

生まれてしまった そのせいで
ぼくにはできる お前を守る
珈琲にミルクが溶けてゆく
名前もない 快楽のため
自暴自棄よりも早く走るしか
明るい部屋はないんだよ

お前は知るのか
季節の終わりに散る椿の美しさを
身体が火照るような赤、赤、赤い色
ぼくの心の様