線香花火 – カタソビ

キラキラ キラキラ 暑さの残る夜
二人見た花火 水面に落ちる火の粉

触れそうになる手 繋がれるのを待つ

時間をかけてそっと握ってくれた
少し汗ばんだ手に貴方への想い込めて
ぎゅっと握り返した

濃紺の空に咲いた金色の花火
きっとこの温もりも咲いた途端消えるけど
最期の時まで隣で 笑いたい
同じ景色が見たい 8月の夜空に願った

花火大会の帰りまだ帰りたくなくて
下駄の鼻緒は痛かったけど
コンビニに寄って線香花火買ってもらった

火を灯してどっちが長く
花火 咲かせるか比べあいっこ
赤い種 膨らみ 弾けた

濃紺の夜に揺れる線香花火
長く咲いていて もっと隣に居たい
落ち行く火の粉 まるで流星群みたい
貴方の火花 落ちるまで あたし みていたい

キラキラ キラキラ 暑さの残る夜
二人見た花火 水面に落ちる火の粉
キラキラ キラキラ 揺らめく花火に
貴方の最後にあたし
なりたいと願った