夜の柳ケ瀬 – カサノヴァ・7

夜の柳ヶ瀬 なじみの酒場
しのぶネオンの あどけなさ
恋にやぶれて 泣くんじゃないが
一人さまよう 柳ヶ瀬の夜

どうせいつかは わかれにゃならぬ
何故に痛むか 恋の傷
呼んでみたとて 戻っちゃ来ない
泣きはしないぜ 柳ヶ瀬の夜

花も風吹きゃ ひとりで散るぜ
そんなもんだよ 恋なんて
今じゃなにも 未練はないが
想い出させる 柳ヶ瀬の夜

誰も今さら 恨みはしない
二度としないぜ 恋なんか
どうせはかなく 散る夢さ
孤独な町だよ 柳ヶ瀬の夜

柳ヶ瀬の夜 柳ヶ瀬の夜

コメントを残す