たられば – オレンジスパイニクラブ

足を引っ張って
しがみついても誰かで居たい
余計なお世話でいい
迷惑でも守ってあげたい

覚えてるかい
最後まで勝手なまま
振り返る事もなく
見えなくなった瞬間の数分間で
頬をつねった

あの時君が思った事
朝焼けに照らされてた君の顔
どんな表情でどんな事を
思ってたかはもう知れないし
またまた大げさにヘコんだって
2万キロ圏内たかが知れてる距離間
まあ幸せだよな

歯並びが悪いから
寝つきが悪いから
言葉に詰まるから
鏡を見れなかった
卑屈だった 僕の目は
柔らかかった君の声を
押さえ込んで 切りつけて
破り捨てたのかい

知らない君の知らない場所
走る電車 改札が近い車両は先頭車両
ありきたりのルーティン中
君の顔を忘れてる
またまた大げさに僻んだって
2万キロ圏内たかが知れてる距離間
愛がなんだってんだ

聴かせたかった 歌などもう無い
俺は幸せでいい