ピ — オメでたい頭でなにより

事実は小説より奇なり
モノクロな毎日の中の
誰かさんが急に色付いて
大切な人に変わってく

“バランスとタイミングが大事”
恋愛の歴史の言い伝え
偶然と必然の交差点
手を繋いだ恋人たち

運命の鐘が恥ずかしそうに
真っ赤に鳴り響く 胸の奥 深く

今日気付いた 今日気付いた
僕は君が好きだ
みんなの こいのうた
僕にとっては 君だけのうた

今日はじめよう 今日はじめよう
君に送る 舞 love
いつもの帰り道 照らす灯りが
煌めいて見えた

無理して笑って強がって
泣き出しちゃったら天気雨
自分の気持ち 誤魔化さずに
雨降りな君のままでいい

コンビニの安いビニール傘
ギリギリ2人入れるからさ
太陽が“いいよ”って言うまで
ただ君の側に居させて

悔し過ぎて 悲し過ぎて
泣き腫らした星屑を
夜空(そら)に抱く 僕らなら
きっとうまくいく だから

さぁ 伝えよう さぁ 伝えよう
僕は君が好きだ
みんなの こいのうた
僕にとっては いま 2人のうた

今日 はじめよう 今日 はじめよう
2人踊る 舞 love
ありがとう と ごめんね
繰り返しながら はしゃぎ続けよう

事実は小説より奇なり
カラフルな毎日の中で
誰かさんは側で笑っていて
僕を 未来を 照らしてる