そのたび 心 切り裂く 君の嘘乾いてゆく ふたりの言葉に疲れてあなたのまわりの 華やかすぎる噂あんなに不安な夜 長く続いて歩道が濡れて 灯りが滲んでこれで このまま 駄目かも知れない自分の気持ちさえ 今 見えないひとりになる夜のこと 考えてるこの道は あの港まで 続いているあなたが 悪いなんて責めるつもりないわ嘘も噂も 記憶の彼方へ夜よ 流して ひとときの間でも歩道が濡れて 灯りが滲んでこれで こ