固い箱の中で 自由に飛びまわってる君はまるで産まれたての 野性の人間だいやに眩しいタイル貼りの鳥カゴでオレは匿われ 息を潜めて見守ってる世界の真ん中で 2つを結ぶ無垢な共通点はほら 今 この瞬間 同じ空を見上げた事だ太陽はいつもより光ってる見詰める物全て 溶かしてくオレが隙間から覗くのはその溢れすぎた木漏れ日だ深い海の底で くねったダンス踊る君を見てると今夜はまるで 気がふれた母性の神だ冷たい脳の