声が嗄れるまで – オオゼキタク

ざらり 通り雨 君の足音を消してく 跳ね返るドアの音
僕は追いかけない 視界から完全に消えるまで 窓を開けない

うつむいて

止まった時計が知らせた沈黙 枯れた花を揺らすため息
我侭に愛した春は去年 呼び合うように結ばれたのに

声が嗄れるまで 叫ぶんだ もしもつらくなったら
何度も喉をすり抜けてった 君の名前を削り取るんだ
涙枯れるまで 思い切り 思い切り泣けばいい
後悔たちの残像が ゆらゆら揺れたなら

嘆き 捨て台詞 口汚い罵りさえ
懐かしい君の体温

届いたはずの思いはどこへ行った? 癒えない痛みはどこにしまった?
離れるほど愛おしさを 探してしまうけど 戻れない 時は戻せない

声も涙もかれ果てて そう 僕は空っぽになる
喪失はもう恐れない 新しい何かで埋めるさ
孤独を強さに変えながら 僕はまた歩き出す
分かち合えない苦しみは 今日を最後に忘れていんだ

いつか時が経ち 思い出に変わるその頃には
新しい幸せにくるまって 無邪気に笑ってくれるといいな
声が嗄れるまで 叫ぶんだ 打ちつける雨の中
後悔たちの残像は ゆらゆら揺れたまま
ああ

雨は止んだのに 君はここに戻らない
これで僕ら 離ればなれ