プリズム – オオゼキタク

たとえば君が苦しくて 息が 全然できない
そんなときは
誰より速く気がついて 楽にしてあげたい

たとえば君が楽しくて 心から 笑い合いたい
そんなときは
誰よりそばで 同じ顔して 僕も笑っていたい

風 雲 月 宵 君 僕 二人だね
寄り 添い 歩いてく 君 僕 二人で

もし神様の間違えで 思いがけない 苦しみを
味わったなら
その重荷の半分を 背負ってあげたい

たとえば君が年をとって 死ぬのが 怖くて
たまらなくなったら
誰より優しいチカラで君を 抱きしめてあげたい

風 波 船 音 君 僕 二人だね
寄り 添い 歩いてく 君 僕 二人で

風 雲 月 宵
風 波 船 音

雪 窓 白 街 君 僕 二人だね
春 部屋 本 お茶 君 僕 二人だね
人 駅 傘 店 君 僕 二人だね
恋 夢 腕枕 君 僕 二人だね

寄り 添い 歩いてく 君 僕 二人で
寄り 添い 歩いてく 君 僕 二人で