コーヒー飲んでニュースみて昨日きた道を今日も走って乗り込んで乗り継いでいつもの電車のあの娘にみとれて片寄せあい 籠の中赤でもないし黒でもないしあらゆる絵の具の中にはなくてあれでもないしそれでもないしましてあたりでもはずれでもないよ終わりであってきっかけであってさよならであってはじまりでもあるいつかみた蒼空 もう一度透明な透明な限りなく近いブルーを探していつかまたいつかまた限りなく近いブルーを探して
フラワー&レイン…花と雨は混じりあい蒼になる夢のような色使いなんだ花と雨は風にあい街に舞う窓の外の雨は降るのだったフラワー&レイン…花とはフラワー雨はレイン夏はまだ永遠のように待ち続けるのだったあなたは特別な 不思議な魔法で僕は両手を差し出して花と雨は混じりあい蒼になる夢のような色使いなんだ花の絵をちょっと淫ら キャンパスにえがいて君の名前を読んでみて花とはフラワー雨はレイン夏はサマー古い手紙は夢
1、2、3 数数えて1、2、3 元号通り越してはじまりはボランだった 19、19 行き違い恋の唄あげれば多数1、2、3 大人になって1、2、3 月日だけは流れてくすれ違う言葉だった 十数 十数 軽はずみ僕の唄数えて1、2、3、1、2、3、4、1、2、3、4、daysはじまりはウォラスだった JUNK JUNK軽はずみ僕の唄 数えて1、2、3、1、2、3、4、1、2、3、4、days…
徒然の中でひとりやや過剰な日々を送り川沿いの古い家に住んでる雨の音数えいきている徒然の中にひとりやや惰性な時を刻み灰色の砂時計をもってるそれは悲しみでできているアイ・サレンダー終わらない計算式のようにアイ・サレンダー気がつけばそこにはいないようなピューと吹く風徒然の中に二人君とならば裸でいられる無重力 ありのままでいきてるこたえはそう 無限に得られる愛されれば止まらない川の流れのように許されれば混