旨い酒を探して 流れたどり着いたは 越後の国さァウエストブルーの酒も イーストブルーの酒も敵わん酒があると聞く越後山脈積もった雪が 溶け出す春の清い水蛍の夏を碧くせせらぎ 魚沼の米を育むという豪雪が酒の「おやじ」とあらば 俺に似合いの酒だろうグラララと杯を上げ 豪快に飲み干して今日の出会いに 酔いしれたなら明日もいい風が吹くだろういつかまた会う時にその旅が 終わる時この酒を 持っていこう「はんばき