悲しみを殺めたこの手誰が汚らわしいと 言えるのだろう何ひとつよごれない者が実は誰より 汚いはずさ嗚呼 心探して胸を裂いても紅く心ノ臓が 脈打つだけさぁ その眼を開けて覚悟を決めろ!そこに 感情(こころ)は湧いてくるから闘わざるもの 夢見るべからずオレたちの明日を 今ひとつに輝け太陽 この道照らして遥かなる大地を さぁひとつに限りあるその人生(とき)の中で誰も果てなど決めず 己を生きて今はまだ地図に