真夜中に 響いてる、チャイコスフキーは空耳かなんかきみが 弾いてるようなちょっとまってまずいよ 高まる!白い指が なぞってるのは愛のメロディ きれいな謎抱きしめたら 溶けそうだなまもりぬけるのは わたしだけなんだな強く捧ぐキモチ、まるで 白夜を翔ぶ光きらきら包んで 照らしてゆきたいずっと待ってたんだ 眠り姫傷つけさせないよ けして未来はそこにある誰よりも早く感じてみせるよほら PI・PI PIANO
髪を撫でる陽射し 思い切り吸い込んだら忘れてた気持ちが 体中を駆け巡る待ちきれずに両手広げて待ってる君がほらここまでおいでと誘う夢見る気持ちを真っ直ぐ描いた果てない 空へと還りたい場所 びゅんと 背中押す風私の背に はためく翼護りたい場所 高く 高く かざしたこの手で つなぐ明日を 信じてきらり瞬く星 憂鬱 吹き飛ばしたら無くしてた思いが 体中から溢れ出す君がいる所(とこ)まで もう迷わず行けるか